2018/05/17

スターと幼児番組

なんじゃもんじゃのき


幼児番組で西城秀樹さんが歌っている記憶をお持ちの方、いないかなぁ・・・。
朝の番組じゃなくて、11時頃(ロンパールームかな?)、
子供に囲まれて、歌っている記憶があるのです。

激しい歌じゃなくて、バラードのような。
スターの周りの子供は、歌を聴き入っていて、
テレビの前の子供は、「その風景」がよいと(えらそうに)思ってましたよ。
子供は歌の意味がわからなくても、上手い人が歌えば、芯のところで伝わってしまうのでしょう・・・。
「歌のお兄さん」としては、豪華です。

こんな事も書いたけど、昔の幼児番組は、大胆だな。
今のは、意図が細かくありすぎるというか、教育的過ぎ・・・。

2018/05/09

かわるもの

ナニワイバラ


バラ園の入り口で、二度見、いえいえ、三度見までしました。
入場料が、かつての倍になっていましたから!

この間来たのはいつだっけ、一年前?
その時、いきなり360円ぐらいになっていて、ちょっとびっくりしなかったけ?
ここは長いこと、10年以上は200円台でした。
入場料が500円を軽く超えて、今後さらに値上がる予定のよう。

これが高いのか、安いのか、よくわかりません。
1000円以上するところもありますしね・・・。
もうバラはどっぷり撮らなくてもいいかなーと、思ったのも、事実です。

2018/05/08

「ポールといっしょ」

ポンキッキとポール


先月、「Lady Madonna」を弾いていました。
これを最初に聞いたのは、幼稚園のころ。
「ポンキッキ」で、最後の何小節かを、頻繁に使っていて、これが大好き。
「およげたいやきくん」よりも「パタパタママ」よりも、
この短いアニメーションの時間を、毎日、ものすごく楽しみにしていました。

これが、ビートルズの「Lady Madonna」だと知ったのは中学生の頃。
でも、ふーんと思っただけ。
次に聴いたのは、90年代台のはじめ、
これを作ったポールのコンサートに行ったときで、「よし、ピアノをやろう!」と思いました。

だから、クラシックの名曲を弾きたくて、ピアノを習い始めたわけではないのですが、
かなり早い時期から、クラシックしか弾かなくなりました。
理由は簡単、がっかりするから!
ボーカルやバンドの音を拾って、ピアノ曲にしたものを弾くと、たいていそうなります。
自分の腕のせいも、アレンジのせいもあるでしょうが、人が弾いたものを聴いてもそう思うことがあるので、
何かがあるのでしょうね・・・。

楽譜を読んで弾いた私の「Lady Madonna」は、想像していたように、違和感たっぷり。
デジタル写真でいうと、オリジナルが小さい写真を、縦横比をも無視して、
無理やり大きくしてしまった、キザギザ写真。
わかっている人には理由は簡単、わからない人には違和感だけが・・・。

今回は先生が徹底的に変えてくれました。
(先生はすごい楽しそうだった・・・こういう先生は、はじめてかも。)
音をちょっと後ろや前に倒して、頭の中から楽譜(の小節やクラッシク的な拍子感)を消し去り、
記憶にある「音」が、頭の中で全面に出てきて、それを元に弾くようになると、
びっくりするほど原曲に近くなりました。
彼らの曲の最初の資料が「五線譜」ではなく、「演奏のテープ」だった・・・
これがするっと納得できる経験でした。

幼稚園児を魅了した、なんともかっこよいシンコペーションは、前奏と同じだけど、
おしまいは突然、マイナーコードが並んで、ちょっとシリアス。
おとなになってからの好みが、しっかり詰まっていますっていうか、洗脳力が・・・。
最近知ったのですが、ガチャピンとムックは、ポールとジョンがモデルという噂。
メガネを掛けた着ぐるみは、今でもあまりいないしね・・・斬新すぎるあの二人。

・・・ということで、幼稚園に行く前の私の楽しいひとときは、
実は「おかあさんとポールといっしょ」だったのよ。


※ポンキッキのこのコーナーですね。
「Lady Madonna」があるかどうかはわからないです。

2018/05/07

変わらないところ

ミツデイワガサ


「受験生の母」ですので、いろいろな大学のパンフレットを見る機会があります。
パンフレットは大学に直接申し込むこともできますが、
一括して複数大学に申し込めるようにもなっていて、
(娘が絶対に行きそうにない)母校のパンフレットを手に入れました。

私が通っていたキャンパスは、「なくなった」とか「引っ越した」ので、もう知らない大学のよう。
そして、少子化で学生数はちょうど当時の半分。
でも、女子学生の数は、どの学部もそれほどかわらず!
・・・ということは、割合でいうと、倍になったんですね。
AIである種の仕事がなくなるとか、なくならないとか騒いでいる割には、
最近の高校生に、理系はとても不人気のようですが、倍の理由はなんだろう・・・。

パンフレットの系統は三種類ぐらいで、
1.しっかりお金をかけて、オシャレ。紙もページ数もしっかり、写真多数。
2.写真より文字多め、資料風。
3.薄い(やる気が?予算?)

母校は校風に似合わず、「1」。
写真に必ず女の子を混ぜるのは・・・誤解するよね?
倍になったといっても、学生数の1~2%・・・。
とはいえ、なつかしい名前や変わらない「校風」をみつけて、ほっこりしました。

写真は「コデマリ」ではなく「ミツデイワガサ 」です。
葉を見ればコデマリと違うことがわかりますが、花は違いがわからないかも・・・。

2018/04/25

違い

白米と胚芽米


2つの違いは、精米の仕方です。

続きを読む

2018/04/24

つながり

P4193348_.jpg


写真を撮っていると、遠くから「ひたち・・・」「ひたち・・・」というおじさんの声が。
その続きは
「海浜公園のと同じだよ。」

写真の花を、ネモフィラと勘違いなさっているのですね。
おじさんには連れの女性がいて、声ははっきり聞こえませんが、
おじさんとわたしとの距離がなくなっても、聞こえなかったので、
賛同しかねて、言葉が少ないか、相手にしてないか、どっちかでしょう。

私の中では、この「ツルニチソウ」と「ネモフィラ」は全く別物で、つながりもしませんが、
興味がない人には、同じように見える・・・。

ツルニチソウはキョウチクトウの親戚だそうです。
それは今まで考えもしなかったけど、そういえば花が似てますね。
花を知っている人は、草と木を分けてしまうのかもしれません。

2018/04/16

新さつま節

新さつまぶし

鰹節のはなしを何度かしましたが、ニューフェイス登場、 新さつま節

本枯れ節ではないけれども、「ああ、これは枕崎のかつおさま」の香りがします。
あのあたりの鰹節と他の産地とは明らかに違うのです

本枯れ節のように乾いてなくて、素手で触ることも、本枯れ節用の軍手もちょっとためらう・・・。
百均のビニール手袋をはめ、削ると、ものすごく柔らかい。
端の方はまだ硬めで、削れましたが、真ん中に進むに従って、困難な感じに。
ナイフやピーラー、手でさくほうが、簡単。

出汁にしたときの感じですが、思ったより力強いですよ。
本枯れ節だけで作ったときより、奥深さがちょっと足りない感じですが、
家のいつもの料理なら、これでOK。
だしの素とか削り節を買ってくるより、はるかに上等です。
二番だしもいけます。

ただあんまりにも、するする削れるので、一本があっという間に・・・。
でもこの柔らかさなら、「やってみよう!!」という気は起こりますし、はじめての人も気軽に試せます。

私は、本枯節の硬さにうんざりしたところで、「新さつまぶし」にして、
半々ぐらいでやると、さらにお味がよくなりました。

2018/04/15

煙と透明感/真珠と薔薇

P7161961_.jpg


最初、聞いた時、煙たいと思った。
その煙たさは、若いと瞬時に「拒否」となってしまう、
自分が知らない、慣れないものからくるもの。
若くない私は、それをちょっと自分の前に止めておき、眺めることができる。
煙の向こうにある「いいもの」の予感は十分。

続きを読む