FC2ブログ
2007
05.11

真珠貝

真珠貝

日本生まれのバラ。でも忘れられつつある名花なんだろうなぁ・・という気がします。
真珠のようにぷっくり小さく蕾。きゅっと巻いたたくさんの花容はクラシカルなスタイルです。開いてもさほど大きくならず、とても気品があります。フロリバンダなのですが、どこかHTのような感じ。

自分で咲かせてみてわかったのですが、違う色に染まっているからではなく、花びらの重なった色で中心は真珠色!ゆったり大きく開いた外側の花弁が真珠を大事に大事に守っているようです。


Comment:2
2007
05.10

スターリング・シルバー

スターリングシルバー

咲かせたいと願ってやまなかったものが、とうとう咲きました!


続きを読む
Comment:2
2007
05.09

ソフィーズ パーペチュアル

ソフィーズ パーペチュアル

グラデーションと香り、この二つがこのバラのステキなところ。
バラを買いあさっていた頃、
「バラにはやっぱり香りがないとね。」
と思っていたようで、強く香るバラがずいぶんあります。あとピンクのバラも群を抜いていて、ピンクが特別好き!というわけではないのに、どういうこと?と、思います。

春は花弁がわりに多く、秋には、違う花かと思うほど花弁が少なくなります。鉢のふちの高さで這うように、固い枝を伸ばしていくのですが、地植えにしたらどうなってしまうのでしょう、グランドカバーになるのでしょうか?



Comment:0
2007
05.08

竹林の出会い

たけのこ

すくすくと 
ただすくすくと 大きくなったあと
どうすればいいか 知らないかなぁ?

キミのおじいさん よく知っていると思うのだけど・・・

でもさぁ 
生まれたときから立派なんだね (はぁぁ・・・)



Comment:0
2007
05.08

マダム ピエール オジェ

マダム ピエール オジェ

ころころと丸いバラ。花弁が反り返ることはなく、最後までこんな感じ。
毎年、卓球の球ぐらいの大きさの花でしたが、うちに来て3年ぐらい経つ今年の花が本当の大きさだったのでしょう。昨年までの倍はありそうです。ぷっくりと大きな蕾を見たとき、とてもびっくりしました、「き、きみは・・・。」
開ききると軟球ぐらいはありました。バラそのものは、言われるほど弱くなく、育てやすいです。
今のところ、我が家のものは一季咲き。数はぐっと減っても、初夏と秋にも咲くようです。
柔らかいバラの香り。花瓶に一輪、挿しておくだけでも、そばを通った時によく香り、とても心地よいです。
(追加更新しました)


続きを読む
Comment:2
2007
05.07

フォーチュンス・ダブルイエロー

フォーチュンス・ダブルイエロー

このバラ、花首から三、四センチぐらいのところをはさみで切ったように、地面へぽとりと落ちます。まだまだきれいな花が落ちるのも、椿みたい。拾って水に浮かべておくと、ピン!と復活します。


続きを読む
Comment:0
2007
05.03

スパニッシュ・ビューティ

スパニッシュビューティ

おとといとは、別の苦悩が始まりました、毎年のことですが・・・。この美しさは犯罪だ!



Comment:0
2007
04.30

キモッコウバラのかびん

きもっこうばら

明日から天気が荒れるらしいので、きもっこうばらの整理、剪定をしました。天気がよいままだったら、一年でいちばんすばらしいベランダの景観の維持に、もう少し貢献してもらいたかったのですが、菊の花びらのようにぱらぱら散ってしまうこのバラ、掃除が大変なので、今日のうちにはさみ。
けれども、ゴミ袋に花枝がたまっていくのはなんとも無残。急遽、オアシスを用意。長い花枝をたくさんさして広げて、根元をふわふわ花で埋めて、一見ダイナミックで見事なアレンジメント(よく見るとバランスが悪いので、写真はありません)。
小さくカットしたものは花瓶へ。家の中はイエローにあふれています。

きもっこうばらは挿し木でぐんぐん育つので、増やしてみようかなぁと考えているところ。欲しい方に、もしかしたら差し上げられるかもしれません。グリーンも柔らかくていいですよ。


Comment:2
back-to-top