FC2ブログ
2019
01.04

2019.1 松島は悪くない

松島



カレンダーに松島の風景を使うとは、「The 写真カレンダー」と言う感じがします。
なので、朝日も見えつつ、雲の多い写真をわざわざ選びました。

昔、義母が松島の悪口を言ったことがありました。
それは松島が悪いわけではなくて、
こういう言い方、今は良くないのかもしれませんが、極めて女性的な感想。
義母の松島旅行にイヤな思い出があろうことは、若い私にも、すぐに察せられました。

義母は聡明な人だったので、意外な感想で、
こんな閉じた感想を人に漏らすほどの嫌な思い出なのだろうなと、想像するしかありません。
今は、Aがだめだと(Aを含む)Bまでも悪いという考え方を、普通にする人が多くなったような気がします。
Aから取り返したいひどく大事なものでも?
義母がもともとこういう考えの持ち主だったら、
私はオジサマ(夫)と結婚することはなかったでしょうね・・・。

朝日を撮るために、こういうアングルになりましたが、もう少し左を見ると、
遠くから手前まで、島影がたくさん現れて、松島は海の景色に変化のある「風光明媚」な場所でした。


Comment:0
2018
12.20

2018.12 空の色

12月


しばらく間があいてしまいました、ゴメンナサイ。

今月のカレンダーのオリジナルは、この写真をトリミングしたもの。
カットした部分がずいぶんあるので、まるで印象が違います。

冬にオレンジ色の夕焼けが見られるのは、雪の降らない太平洋側だけなのかもしれません。
1月、日本海側へ、何回か行きましたが、
一日の空の色の変わらなさに、びっくりした記憶があります。
朝から暮れるまでずっと、灰色。そして、なんとなく青暗くなって、夜。
こうなると、冬が気分の上に、おもーく、おもーく、のしかかってきそうです。

3月の半ば、秋田へ行ったら、夕日を見ました。
それは、もう春は近いということなのかもしれませんね。


Comment:0
2018
11.08

2019カレンダー

2019カレンダー
今年も卓上カレンダーを作りました。
サイズははがきサイズ、紙質はマット紙。
(光沢のない、サラサラした紙。ベースの白色は、通常のハガキより白いです。鉛筆で文字も書けます)
写真のように綴じないまま、ケースに入れてお送りします。
そのケースをお使いいただいても、お好きな道具でもお楽しみいただけます。

最近作りましたので、来年のGWや10/22の休日、12/23の休日の消滅、
12月には2020年の2月のカレンダーもあるので、新天皇誕生日まで、がっちり対応させました。




2019カレンダー


毎月毎月、完全な定形ではなく、
基本、2ヶ月分のカレンダーをのせてますが、1ヶ月だったり、3ヶ月だったり、
写真の大きさをかえたり、いろいろ遊んでおります。

一冊¥1、000円です。(ケース付き 普通郵便での送料込み)
不安な方は260円プラスしていただくことで、「レターパックライト」でお送りします。
メールでその旨をお知らせください。


希望部数、お名前、住所を

sweetyあっとgallery-moon.sakura.ne.jp

までお知らせください。24時間以内にお返事します。
一週間以内にはお手元に届くと思います。
お支払いは、「ゆうちょ銀行」か「三井住友銀行」の振込先が書かれたものを同封いたしますので、
お手続きをお願いします。
(手数料はご負担ください。)

どうぞよろしくお願いします。
参考までに、去年までのお知らせ

(リピーターの方には、メールをこれから送るつもりですので、そちらをご覧ください。)


Comment:0
2018
11.06

2018.11 一碧湖のとなり

一碧湖


今月のカレンダーの、オリジナルの写真は上のものです。
縦横比が違うと、全く違う写真に見えます。
シャード部からハイライトまで、バランスをとるのに苦労した記憶が・・・。
こうして小さくすると右下のシャドー部など、完全につぶれています。

場所は、伊豆の一碧湖。
伊豆のことを語ると長くなりそうな私が、一度行ってみたかったのが、ここです。
正確に言うと、一碧湖の隣というべきところで、
湖が道路で区切られたとなりの水辺です。
たぶん、つながっているのでしょうね。
野趣があって、こちら側のほうが、私は好きです。

2019年カレンダー完成しました。
詳しくは明日お知らせしますが、リピータの皆様は、いつもと同様に
sweetyあっとgallery-moon.sakura.ne.jp まで、お名前、冊数をお知らせ下さい。
(金額等は去年と同じです。)


Comment:0
2018
10.28

大反省会

ホトトギス


カレンダーを作り始めると、どうしてもブログの更新まで手が回りません。
でも、もうすぐ終わりそうです。
これから、最後に選んだ8月の写真にカレンダーをつけると、一応12ヶ月揃います、ヤッター!
カレンダーを作ることは、自分の写真に対する大反省会でもあるのですが、
この時間も終了。
ただ、このまま気が抜けて、だらりと過ごしてしまうのが毎年なんです・・・。


Comment:0
2018
10.06

2018.10 救済

2018.10


今月のカレンダーは、ズバリ救済です。
娘が高校生になってから、土曜日も登校、月曜日はテストがあることが多かったので、
秋の連休に旅行に行くこともなくなりました。

秋の写真は、昔撮ったものは、ハードディクスの破損により残ってないので、
このブログに載せている写真をダウンロードして、最大限に大きく印刷したもの。
カレンダーの現物がある方はびっくりするでしょうね、面積でいうと、1/5ぐらいですから。

画面上で見ると、このブログの写真は、わりと大きめですが、
文字が混在した(カレンダーの数字のこと)印刷物にすると、ごくごく小さく。
でも、気に入ったものを集めて、なんとか10月になりました。
あわせて、消えていった写真の供養をしたつもり、自分のためですね。

今年も作り始めましたよ。(ちょっと遅いかな?)
一ヶ月以内に、ご案内ができればいいなぁと・・・よろしくおねがいします。


Comment:0
2018
09.19

2018.09 風

2018.09


この写真はカレンダーでは、真四角にトリミングしました、もともとはこんな広い感じ。
撮ったのは、8月の中旬過ぎでしたが、台風が南からやってきていたので、
波は高め、海水浴場は遊泳禁止。
風はもう秋でした。


Comment:0
2018
08.31

2018.08 昔の渡口の浜

@来間島


以前も1回ぐらいはやったのかもしれませんが、
カレンダーに使った写真の撮影話をしようと思います。
今年もつくります、その準備のつもりも・・・。

ということで、ギリギリの8月から。
これは2018年のカレンダーの中で最も古い写真。
私が一眼レフを使う前の、10年以上前のもの。
この頃の写真はCD-RとかDVDに焼いてあるので、ちゃんと残ってます。
が、カレンダーに使うほどのものは、あまりない・・・・と思う中で、とても好きな写真です。
波のシュワシュワが、撮ってから時間が経っても胸に迫ります。
なので、私はこの写真をトリミングすることはできません、全面使用しました。
カレンダーの後ろにはおそらく「来間島」となっていると思うのですが、
記憶違いのようです、ゴメンナサイ。
ここは伊良部島の渡口の浜。

この場所は、今ではきっと変わってしまったでしょう。
宮古島も有名になってしまったし、私は船に乗ってここに来たのですが、
今では大きな橋がかかっています。
大きな橋ができると、潮の流れが変わってしまい、海底の様子も違ったものになるそうです。
私はこの話を、与那覇前浜の売店のおじさんに聞いたのですが、
どちらかというと、残念なニュアンス、これも十年以上前の話。
(与那覇前浜には来間大橋がかかっています。)
人間がぴたりと予測する手段がないのでしょう、ゴリ押しで、やってみて出たところ的な・・・。


Comment:0
back-to-top