2016/06/22

理想のあじさい

あじさい


あじさいの花の色は土のPhが・・・というのは、よく言われることですが、
実際のところ本当はまだわかっていないそうです。

皆がよく植えたりするので、
問題を簡単に、平べったく思いがち。
あそことここ、あなたとわたしでは、そうは簡単に同じにはならない。
植物も人間も、もともとは不平等で、原因には諸々の要素が交じっているように思えます。

土の問題より、もともとの品種が決定するもののほうが強いだろうし、
普通の花のように、日の当たり方、気温、湿度も関係ありそうな。

水分や風の循環のよい場所となる斜面ではなく、平らな場所。
木の下に植えられているけど、雨が降ると、存分に濡れる。
暖地のあじさいは、上のような条件だと、色があまり濁っていない気がします。

山のほうへ行くと、別荘のようなお家の片隅に、
びっくりするようなブルーなあじさいが咲いていることがよくあります。
最近は、あじさいをブルーにする水も売られて、なんだかなぁ・・・と思いますが、
ブルーの色素は、そんな暴力的なものではなく、
ものすごく繊細なもののような気がします。

2016/06/17

つぼみ

しょうぶのつぼみ


きりりと。
このあとは、バラやあさがおのように、いっせいに緩めるのではなく、
花弁を一枚一枚、外側に落としていくように開いていくようです。

2016/06/16

理由

菖蒲


菖蒲が花びらの先を下に向けるのは、露を払うためかと、思ってみたり・・・。

2016/06/14

日々

ショウブ


もうバラ園に行かない年もあるのに、菖蒲園には、なぜか毎年行きます。
特別に勝負が好きなわけではないのですが、
バラ園のにぎやかさに、ついていけなくなったのかもしれません。

毎年似たような写真を撮っていることに、少々うんざりしつつ、
今どきは、己の平和をそこそこに保ちつつ、
日々をさらさらと過ごせることに、感謝しなればいけないのかも・・・。

2016/06/13

池と・・・

スイレン


妄想ならば、何メートルにでも伸ばせそうな私ですが、
池は欲しいです。新潟や長野に行くと、鯉がビニール袋に入って、数千円で売っているの!
ペットショップの動物以上に惹かれたかも。
見てしまって以来、妄想の庭には、鯉。

もちろんスイレンもいいです。
蓮は個人の家にはちょっと似合わない感じだけど、自分の家で蓮が咲くのはいいかも・・・。
蚊が発生するとか言わないでね、妄想だから、いないのっ!

2016/06/11

二番花と妄想

バラ


スパニッシュビューティーの二番花が一つだけ咲きました。
元気だねー!と思って、安心しました。

このバラは、つるバラの多くが一季咲きであるように、春を過ぎると咲きません。
ただ、数メートルは伸びる力強いバラで、体力に余裕があると、
少しだけ咲いてくれることも。
時々欲しいなぁと思う、ピエールロンサールもそのような性質があるようです。
私は、白いピエールロンサールがほしいけど、
大きなつるバラは一本で、精一杯なので、あきらめるようにしています。
牧場も作りたいけど、
好きなだけどっさり植えられるバラ畑も作りたい・・・。

2016/06/10

あじさいジャングル

あじさい


マンションのベランダとは思えないようなジャングルぶりですが、
私のせいじゃなくて、あじさいのせい・・・いえ、春、バラにせっせと水をやるついでに、
こっちも大きくしてしまった、私のせい。
あじさいは、冬にハサミを入れさえしなければ(花が咲きません)
栽培がものすごーく簡単な植物です。
キボウシの花も咲き始めました。

2016/04/24

しぼりがいいです

つつじ


花の場合、このような模様をしぼりというのでしょう。
世界がちがうと、様子も違います。