2009/12/08

マドンナの次はモーツァルトだよ(2009 蔵出し2)

チューリップ



ピアノの話もしてくださいというメールを、
livedoorにブログがあったころから、つい最近も、いろいろな方より、いただいているのですが、
にもかかわらず、あまり書かないのは、
それは!
練習もしなければ、普段あまり聴かなくなってしまったから。
こっちも先細り感っていうか、もうやめよっか、ピアノも手放そう!と、
この2,3年ぐらいは真剣に考えることがたびたびありました。
でも、来年は、生誕200年の、ショパンイヤー。
ピアノを始める時、決めたんですね、2010年には、ショパンが弾けるようになろうと。

かなり前、思ったより案外簡単に、それにたどりついてしまい、
さらに2,3年前、肩を骨折して、ピアノが弾けるようになった時にも、ショパンをしばらく弾いていました。
でも、するすると弾けるようになっても、
弾いている本人が一番わかるんですね、(理想に)届かないわ、足りないわ、まだだわ、私には、ってことが。
それ以来、勉強をしなおそうとしているのですが、すっかり、カメノアユミ、になってしまいました。
でも!
来年は、せっかくなので、ショパンを何か弾こうと思ってます。
(先生の空気を読むと)どうも次はベートベンじゃないか?という言う気もするのですが、
私と一回りは違わないけど、10は違うだろう、乙葉さん似のかわいい先生です、お願いしてみます・・
っていうか、まずは月一で通う熱心な(?)生徒にならないとね。


ショパンを聴くといえば、昔(十年以上前ね)は、横山幸雄さんの連続演奏会によく行きました。
今年は、辻井 伸行さんの先生として、あちこちでお顔を拝見しましたが、
ますます江川さんに似てらして・・・(ご自身でもそう思っていると、昔、どっかで読みました)。

いつのまにか大学の先生になられてびっくりしたのですが、私にとってはピアニストです。
クールな演奏は、人によって好みが分かれそうですが、
からっとしているからこそ、ショパンの良さがすごくよくわかる気がするんです。
おすすめは、やっぱり別れの曲 ~ショパン : エチュード全集
今なら、どう弾かれるのだろうと、すごく興味があるなぁ!



今日のタイトルは、私のパソコンに入っている音楽を名前で並べると、こうなります。
もうちょっと書くと、
エリック・クラプトンの次は、グレン・グルード(あんまり好きじゃないので、聴かない)。
これは、なんか面白くないけど、
スヴャトスラフ・リヒテル(バッハなら、彼だな)の次は、ザ・ビートルズ(実際には、すべて英字で)。


クラッシクとそれ以外を、分けるべきだった・・・と、今思いました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント