2006/12/27

チューリップ (2006 蔵出しその10)

チューリップ

マティスあたりの画家がさっと筆をおろしたようなこのチューリップ。何枚かあったのを、娘に選ばせました。他の写真に比べて、引いて撮っています。さっと選んだところをみると、子供にも通じるような直球の写真なのでしょう。

撮ってきたものをビュアーで見るのに、一つ大変な作業があります。それは縦に撮ったものを回転させること。私の写真は縦が極めて多く、けれども当然ですが横でも撮るので、一枚一枚見て判断。これは気力のいる作業。縦位置センサーとか、あったら・・・と思うのです。が、一眼レフのような「2:3」の縦横比になったら、縦の写真をそれほど撮らないだろうと思います。あれは私の目に長すぎる。
かといって「正方形」にもひかれず、「3:4」はステキだ!と思う私はなかなかコンパクトカメラから抜けられません。道具は最小限、頑丈なものと言う点からも、ずっとこれでいこうかな?と最近は思い始めています。

4,5回で終わらせるつもりが、ずるずると「その10」まで来てしまいました、なんだか花ばっかりだった気がしますが、今年はそういう年でした。お付き合いいただき、ありがとうござます。
年末年始も更新するつもりです。「満腹」あるいは「ほろ酔い」(?)で、ふらっとお越しくださいね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント