FC2ブログ

なにをしても

2009.01.27.Tue.20:25
寒牡丹


あそこの寒牡丹に会いたいなぁと、しばらく思っていました。
もう遅いかなぁと心配つつ、可能になったとき、出かけてみると、
待っていたように咲いていてくれました。
鉢植えのものなのですが、昨年訪れたとき、そばに座っているだけで、
なぜかとってもよい気分になって、撮ったらさらにいい気分で、
なんだろう、これは、と思いつづけていました。
他の場所の牡丹には、これほどまで気持は動かない気がします。

一年経って、それは育てた人の気持ちだなと、気づきました。
何をしても、「その人」はあらわれるけど、
何をしても、「あの人!」と認められるは
モノゴトの方法やタイメンにこだわる人には、できないこと。

誰にほめられなくても、どんなライバルがあらわれようとも、
「その人」は「あの人!」で、
牡丹は「花の王」然として、
「座れば牡丹」ということを、人々に知らしめる。

そのように立派なこの牡丹を育てた、(たぶん)ステキな人に会ってみたい・・・。
そんなふうに考えると、世の中、会いたい人ばっかりになるのだけども。


スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する