2006/12/15

神様と風と川



これは 神様と風と川の仕事

「いつものあれを・・・」
神様は夕空を二つ作り しばし思慮顔

しぶる風を説得しての この仕事
今年はたくさん見ました
神様は気づいてもらいたかったのでしょう


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

この土手は風がいつも吹いているようなところだし、川は下流に向かって動いているものですから、つるんと池のような映り込みはあまりありえず、もしそういう夕刻に川に来れたらラッキーとずっと思っていたのですが、今年はずいぶん見ました。
なにか、静かな調和した感じは、風のせいですね ^^

これは不思議ですねえ・・・。
実物の空によりも、水面に動く神業が現れているなんて・・。
駆け抜ける風はしぶしぶでも嬉しかったと思いますよ。
はい、そんな気がします・・。このお写真からは。

のら子さん、ありがとうございます。
川の辺りは、風がびゅーびゅー吹いていることが多かったのに、今年は静まって穏やかな日が多かったのです。
土手の道はランニングやウォーキング、犬の散歩で前を向いてすすむ人が多いので、ゆっくり見る人は釣りをしている人ぐらいでしょうか・・・。写真を撮る人にもあんまり出会いません。

素敵ですねぇ、最近こんな風景を見てないので
目の保養になります♪
神様何度も逃してしまったこの風景・・・気がつかなくてごめんなさいm(__)m