FC2ブログ
2008
09.29

若い・・・のである。

MITSOUKO


バラを育てることによって、わたしに開かれたものは、「写真」と「香り」。

よい香りに目覚めたのは、今では、バラ園であまり見かけなくなった
「ダブル ディライト」。
なんだか花ではないような、トロピカルさ。

イングリッシュローズの、花容と相まった華やかな香りは、
バラを育てる喜びを倍増するし、
紫のバラの、秘密めいた香りに、いつも違う何かを思い出す・・・。

(今日は、長いぞ。)






そのうち、何かの気晴らしに、「お香」。
毎週、来るヤクルトのおねえさんが
「・・・お香、ですか?」
と気づいてくれたとき、なんとはなしに、うれしかった。
火は彼女がくるずっと前に、消えていたのだけど、
いろいろな家を回る人は、香りに敏感になっていくものなのかもしれない。
玄関を開けた、その時の香りは、家に固有のものと言っていいほど、実にさまざま。


この間、子供のころに住んでいた家の前のことを書いたけど、
後ろは、木くずにまみれる大工さんの作業所。続けて二つもあった。
木の香りは、私が安心する何かが潜んでいる。
大人になって住んでいる今のマンションをリフォームするとき、
そのことに気がついた。
床について、細かい規約がなかったことをいいことに、
無垢のヒノキにした。

日本の伝統芸能の舞台に使われるヒノキは無節ゆえ、とても高いのだけど、
そうでなければ、かなり安く、
床には、楽しい模様が広がっている。
1年ぐらいまでは、ピシピシと、
床でもヒノキはよくしゃべり(それは柱にした時だけだ、と思っていた)、
7,8年しても、しばらく留守の後、玄関を開けた時、
大好きなあの香りの気配が、確実にまだあるのを、感じる。
だから、我が家の玄関は、
白檀のお香に、ヒノキがまじった、やっぱりこの家特有のものではないかと思う。


いろいろなお香があるけれども、やっぱり白檀(サンダルウッド)。
そうして、白檀をたどっていくと、
だれでも、きっと、"MITSOUKO"へ。
写真は、出張のお土産。

日本女性がモデルの、
今でも日本女性が、他のものと区別するような扱いのあるこのトワレ、
日本人が嫌う、香水のキツさがないし、
しばらくすると、さらっと、どこかに消えてしまう。
そして残念だけど・・・・
若い・・・、あおい、あおいバナナのように、
あたしは、まだ若いことを、
はっきり自覚させられた。


数字の上での歳や、外見のことじゃなく、
わたしという人間の年輪が、この香りに、全く足りない。
着物に、とても合う香り、という人がいたけれども、まったくその通りで、ぴったりだ。
そうして、悲しいことに、
わたしにはもうひとつある、似合わないものを思い出す・・・・。


数年前、弟のいた会社がなくなってしまう(買収!)ので、
記念に(?)母が選んでくれた、明るい抹茶色の着物。
(これも前に書いたけど)
昔、歌丸さんが着ていらしたあの色だ。

赤っぽい照明の下では、よく似合うように見えたのだけど、
太陽光や蛍光灯下では、渋い色合いで、
信じられないくらいに、わたしに似合わない。
こちらは、「足りない」ではなくて、
何かを削ぎ落としていかなくては、いけない感じだ。

「私が着ても、どうかね、っていうぐらいだね。」
と、母。
そうだろうとも・・・歌丸さんがすごく、似合うのだから・・・。


"MITSOUKO"も、抹茶色の着物も、頭が真っ白くなった頃、
時を同じくして、ぴったり似合うような気がする、
いや、そうならなくては、ならない。
数字にしてしまえば、なにも考えなければ、それほどの時間でもないのに、
このふたつがあるゆえ、そぎ落としつつ、充実していくような、
単なる「下り坂」じゃない、とても長い長い道のりが、必要になってしまった、どうしよう・・・・。


それまでは、着物はタンスのこやし、
"MITSOUKO"は、部屋に、ばらまく。
なんていっても、わたしは、若いので、そういうばかみたいなやり方がいいのだ、
・・・・30分ぐらいしてからが、とてもいい香り、でした。


サンフランシスコ


オジサマ撮影。
ここは、「シリコンバレーの銀座」なのだそうだ。

"MITSOUKO"は、アメリカでは、あまり売れないみたいで、
デパートの中にあったゲランで、とっても苦労した模様。


スポンサーサイト
コメント
じぶんが、っていうより
周囲がよい香りというほうが、すきなので
つけないのですけど、
どうしても、このミツコだけは、
くんくん~してみたかったのですけど、
ゲランなので、なかなか。。。

もともと、☆MIYA☆は、さわやか~な
おひとがらなのだろうと、
そういういう気がしますが
ヤクルトのおねーさん時代に、そこが
さらに増強されたものだったのですね♪
すごーく、納得。
こどものころから、あの飲み物が好きなんです、わたし。

雨の日も風の日も、寒い日も暑い日も、
大変そうで。。。。
思いのほか、体力、気力がいりそうな仕事かな?と。
c_moondot 2008.10.01 17:41 | 編集
香水はほとんどつけた経験がないかなぁ。。。あっ
友人にグッチのエンビィを これいいからぁともらってつけてましたぁ

次男がちっちゃ~い頃 ヤクルトおばさんやってましたよぉ(-^艸^-)ムフフッ
保育園もあり お昼くらいには終わったので
長男の幼稚園のお迎えにも間に合ったしぃ
内容は楽なものではなかったけどぉ
この利点は魅力でしたねぇ

家の匂いってありますよねぇ
☆MIYA☆dot 2008.10.01 07:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top