2006/12/09

ここよりも あそこよりも もっと先へ

もみじ

紅葉がはじまったら、あそこへ行こう、ここにも、と考えていたのに、結局どこにも行かない(行けない)秋でした。

最近、いつもの5倍か6倍ぐらいピアノの前に座っています。5倍、6倍にもなるのは、いつもはちょっとしかやらないから。ちょっとの5倍など、タカが知れてますが、私としては一生懸命やってきたのです。そのことで昨日、いや~な気分になって、「ムッ。」

昔、母が人から
「静かで優しそうなお嬢さんですね。」
と、実際とはまったく違うことを言われてくると、帰ってくるなり、だれだれさんが言ってたと、イヤミっぽく私に伝えることがよくありました。静かで優しそうに見えるお嬢さん、ジツは怒りっぽかったのです。
ディズニー映画の「白雪姫」で、白雪姫と七人のこびとが歌ったり、楽器を演奏するシーンがあるのですが、「おこりんぼ(こびとのひとり)」がオルガン(のような鍵盤楽器)を担当していて、ちょっと笑ってしまった。楽器は性格が選ぶ?
白雪姫に対して最初は批判的だったのに、毒りんごをかじった白雪姫のもとへ最初に駆け出していったのは彼だったでしょう。こういう性格の人は、いったんスイッチが入るとちょっとおもしろいのです。

昨日ムッときて、ぶつぶつココロはざわめいて、「ふんっ。謝るのに、言い訳するのは最低!」
スイッチが入って、ふっきれた。がんがん弾いてやる、言ってやる!

記事を書いたのはだいぶ前になってしまいましたが、やっと「スキャボロ・フェアー」を聴きました。もちろんサイモン&ガーファンクルです。聴いたとたん、あのバラが浮かんできてびっくりしました。このぴったり感はなんなのだろう?と不思議なほど。私の撮った「スキャボロ・フェアー」、実は地面に這うような姿で撮りました。その価値はあった!
コメントをくださった、ちよこさん、ダーマさん、ジャムさん、ありがとうございます。
スキャボロ・フェアーの記事はこちら。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント