FC2ブログ
2008
05.03

ばらのはじまり はじまり

Category: rose   Tags:写真バラ
フォーチュンズ ダブル イエロー


フォーチュンズ ダブル イエロー ’Fortune's Double Yellow’

お待たせしました、今年は満を持して、バラの写真を披露していこうと思います。
(って、だいじょうぶだろうか?)

英語の綴りを見れば、おかわりいただけると思うのですが、
「フォーチュン」というのは、人の名前。
園芸家のロバート・フォーチュンさん、幕末に来日、
花を愛する日本人に大いに感心して、本国、イギリス(!)に帰ったようです。

フォーチュンさんは、紅茶とも、かかわりが深い人で、
偶然にも、ティー系のこのバラの香りは、フルーツフレーバーの紅茶の香り。
強くはないけど、わたしはこの香りがかなり好きです。

雨風に、それほど強くありませんので、我が家のフォーチュンさんは今、丸裸に近い状態。
虫もかなり来ます。それでも花をしっかりつけて、原種の強さをつくづく思うのでした。

今、置いてある場所がよくないと思うので、風のあまり当たらないところに、移動して、
かわりに、風に強そうな「ナニワバラ」でも置こうかなぁと考えています。


ナニワイバラ

ナニワイバラ

たくさんではないけれど、手入れよく季節の花々を植えられているご近所に、
このバラが植えられています。今の時期、私の住むマンションの入り口を出てすぐ、東を向くと、
このバラが、目に入ります。
実際は、50メートルぐらい先にあるのですが、遠目にでも、よく目立ち、
何年も、私を悩まし続けます。
椿のような照り葉なので、雨風に強そうと思うのですが、実際はどうなのだろう?



きもっこうばら


きもっこうばら

このバラを撮っていると、カップルがやってきました。
女の子のほうは、このバラに圧倒されたようです。
しきりにかわいい、かわいいと言い、じっと見つめたままその場を離れようとしません。
まるで、子供のようなかわいさのある人だなと思いつつ、そこまで気に入ったなら、
是非、栽培してほしいなぁと思いました。
ほとんど放任でも、病気にもならず、花がどっさり咲くので、まったくうれしいバラです。
私は、半日陰のベランダに置いているので、若干、花数は減るのですが、
それでもよく咲くなぁと思います。

このバラと、フォーチュンさんを、もっと大きくしたくて、
そのために(!)、土地のあるところへ引っ越したいなぁと、時々思います。



サクライバラ


サクライバラ

このバラは、「ロサ・ウチヤマナ」という別名があります。
日本に昔からあった、バラのようです。
ピンクのかまぼこを連想したのは、私だけ?

スポンサーサイト



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top