FC2ブログ
2008
03.15

花粉症

しなまんさく



こちらに来てから、ひどい花粉症になったという岩手美人さんが
「スギも悪いとは思うけど、空気の悪さもすごくある気がするの。
空気の中に、ホコリとかチリとか、そんなのが、たくさんない?
春に実家に帰っても、大丈夫なんだよね。」
あっちにはスギが多そうだしね・・・しばらくして、父のことを思い出しました。

二十年、三十年前、花粉症のことはそれほど知られていなかったと思うのですが、
その頃から春先の、父の顔も目も真っ赤でした。
「ほくろの多い人は、花粉症になりにくい。」
という説の、例外になる父は、この岩手美人さんの説があてはまりそう。
沖縄からこちらへ来てから、アレルギー体質に。
大きな病気にもかかったみたいで、
そのころの暇つぶし、日本刺繍の十二単の美人が
立派な額に入れられて、家に飾ってありました。

子供が見ても、とても手の込んだものだったので、いつ誰が、どうして作ったのか、
知りたくなった時、母が教えてくれました。
子供の頃、私はわりとアレルギーな体質でしたが、今は大丈夫。

毎年、秋から冬にかけて、岩手美人さんから何度か「りんご」いただくのです。
「ごめんね、このりんごはダンボールなの。」
りんごには木箱!なのだそうです。
彼女のお母様は軽くしようと、ダンボールで送ってこられることもあるようで、
そういう時には、りんごとともに、「ごめんね」を。
彼女は今、オランダに。花粉症はどうなのだろう。

花粉症のみなさま、お大事に。
写真は「しなまんさく」。

スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top