FC2ブログ
2007
12.13

オンシジューム

オンシジューム


オンシジュームが咲きました。これも左マウスの頃に買ったもの。
夏のベランダはジャングルになるほど、植物があるのに、家の中には一つもありません。
以前は、ハイドロカルチャーがあったのですが、植え替えのときにハイドロボールが飛び散る等々で、きっぱりやめました。
次なる目的は花の咲くランでした。

オンシジュームは絶対咲かせられると自信をもって、注文。花枝を伸ばして小さな花をたくさん咲かせるものは、誰がやってもたいてい咲きます(断言)。差がつくとしたら、花数と株の成長にでるでしょう。

今年の暑い八月、花となる糸のようなものが、葉の間からびゅんびゅん出てきました。冬から春に咲くと思っていたので、このときはあせりました。
「えっ、もう咲いちゃうの、しっぱい・・・?」

あわてて、ランの本を開いてみると、失敗でもないよう、じっくり待ちます。
実際に花開いたのは数ヵ月後、先月のおしまい頃。
ベランダで栽培できるような植物は、花となるものが姿を見せると、すぐにぱっと咲いてしまうので、私にとって、オンシジュームはとても気を持たせる奴でした。

オンシジュームは切花にもなって、黄色でよく目立つタイプがお正月用の花の中にちょっと入っていることも、わりに身近です。


オンシジューム


’トウィンクル’というのが、この花の名前。
「ゆきやなぎ」を想像してもらうといいかもしれません。
オンシジュームはアパート、マンションなら、温室はいらないはず。
コンパクトなランは、鉢が小さくてすむので(だいたい10センチ前後)、とても扱いやすいです。

’トウィンクル’は香るとあったので、そちらもかなり期待していました。
香るといえば、バラのことしか頭にないので、そばに行けば香るのだろうとおもっていたのですが、まったく香りません。これこそ、来年の課題か?と思い、もう一度花に顔をうんと近づけたら、
「ああ、お菓子!」
バニラの香りでした。娘はココアを飲んでいるときの香りだといっていました。

お菓子に欠かせないバニラ、実はラン(バニラ属)の果実を乾燥させたものなのです。

HP移転に伴い、メールアドレスがかわります。
mailあっと77moon.sakura.ne.jp

昨日から使えるようにしましたので、メールは上記におねがいします。

現在、このブログとHPのほうに記載してある「77moonあっとserio.jp」は、年末まで使えますが
その後はメールが届かず、戻るようになると思います。
(私あてのメールアドレスで、'n'からはじまるものは、そのまま使えます。)

新しいHPのアドレスは、近いうちにお知らせしますね。

スポンサーサイト



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top