FC2ブログ
2006
11.21

いちょう

Category: 植物   Tags:写真
いちょう

この写真を撮っていたら、近くで車の掃除をしていた年配の男性が
「さっきまでは雲がなかったのに!」
と。この場所は坂道で、東に空が開いていますが、他は建物に囲まれています。
「あと一週間ぐらいしたら、朝7時半ごろ来てみてよ。歩道が黄色になったところへ、朝日がさっーっと射し込むところはいいよー!。」
妙に込み入った説明に、もうそこで気づくべきだったのですが、あいかわらず私はへぇーとか、そうですね、とか言っていました。(ぼけ)

写真を撮る人は、カメラを手に持っていない時間も、そういう「目」で生活しています・・・、たぶん私も。
ちょっとお姿が見えなくなったと思ったら、携帯電話を持ってきて、写真を見せてくださいました。そして自分は花を専門に撮るのです、ということも!

以前から、いつでも持ち歩ける小さいカメラが欲しいなぁと思っていたのですが、「ケイタイ」は考えになかったなぁ。(今頃、気づいたか・・・!)
この年配の方の「ケイタイ」にはたくさんの傑作写真が収められていて、いつもの「カメラ」とは別に、撮ることを楽しんでいるようでした・・・って、いまどきあたりまえですね。

ただケイタイも含めコンパクトカメラは、小さくてこまかいものが集まった風景は苦手で、上のようにカリカリした描写か、ただの黄色いカタマリになります。もういいかげん「コンパクトカメラ」から卒業しないとね。意識的に避けている風景ですが、あんまりきれいなので、撮りました。


スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top