FC2ブログ
2006
11.13

名前

緑陰

森茉莉さんの文章を読んでいると、とろとろととろけそうに、しびれます。ファンです。けれども、「パッパ」のことを思いすぎじゃないか?と、どこかで思っていましたが、ついに私が「パッパ」にしびれる日がきました。

むこきませひとりは山の八峰こえひとりは川の七瀬わたりて

これは与謝野晶子が三度目のお産で双子の女児を授かったときに、命名を頼まれた鴎外がよんだもの。「むこ」とは「婿(正確には旧字)」、二人の女児は「八峰(やつお)さん」、「七瀬(ななせ)さん」と名づけられたそうです。ひさしぶりに頭をがーんとやられたぐらい、まいった。
私には一人しかいないけど、何人目だって生まれたばかりの子供に寄せる期待や希望は、きわめてシンプルなはず。そして、理想的な相手に必ず出会いたいもの。これは男女関係なく、永遠の真実と言っていいかも。こんな純な願いは現代では笑われてしまいますでしょうか?いや、そうは思っても、このうたとこの名前は出てこない。どこか小さく表面的な今が一挙に色褪せました。「パッパ」はすてき!

写真は、茉莉さんの「青い楓の記憶」から。これを書くために、やっと探してきました。4月撮影。


スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top