fc2ブログ

2023.8 秋来ぬと

2023.08.13.Sun.18:46
観音沼


今日の話は、実際やった本人がとても疲れた記憶があるので、
すっきり箇条書きにしてみます。

・当初は7月が観音沼(実際の8月)、8月が蓮(実際の7月)だった。
・観音沼の写真に8月のカレンダーをはりつけてしまったことが発覚、7月に修正。
・蓮の写真には8月のカレンダーをつけて、一枚印刷。
・印刷されたものに、違和感まではいかないけど、何かひっかかり、最初に間違った8月と比較する。
・間違ったほうが、すでに完成していた9月とのつながりもしっくりくることが判明し、再びやり直し。

という間違えてよかったという経過を経て、7月は蓮、8月は観音沼の写真になりました。

蓮の写真が熱帯感というか盛夏感がモリモリだったので、8月を予定していたのです。
でも盛夏は7月なんです。8月にすると後が続きません。
この理由について最初に浮かんだのは、
「夏の中に秋がこっそり隠れている。」
(太宰治「ア、秋」)。

でもこれは先生が発見したことでもなく、はるか昔に、

秋来ぬと目にはさやかにみえねども 風のおとにぞおどろかれぬる

という歌がありますね。
そういうことが頭に浮かぶと、観音沼の写真の中に秋が潜んでいる気がしてきました。

今月の観音沼は、南会津にあります。私は白河のほうから、行きました。
どこからも結構離れているので、行きにくい場所ですが、どうしてもいきたかったです。
集落などひとつも出てこない山の中を延々と車でいくと、
ひょっこり人が暮らしている気配のある場所に出ます。
(でも誰にも会わなかった。。。)

一周すると、20~30分ぐらい。
夏でも背の高くなった雑草などで沼が見えなくなることもなく、非常に美しい場所でした。
秋は有名撮影スポットになっているようですね。
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する