fc2ブログ

そんなに わるくない2

2022.05.17.Tue.18:49
ウィリアムモリス


前の、つづき。

ピアノの演奏の録音も、過去を振り返る記録です。
普段でもいいのですが、一番いいのは発表会の演奏。
これは発表会直後には、聴けたもんじゃないです。
舞台上で浮かんだ一連の意識の流れとか、実際のミスとかがへばりついていて、
ものすごーくどうしようもないものに聞こえます。
もうピアノをやめたほうがいいんじゃ・・・?と疑惑がおきそうなので、
直後には聴き返すことは、まずありません。

いつになったらいいかというと、演奏の記憶が消えたようなころの半年以上。
録音にはミスがはっきりのこっているし、だいたい本番前の6~7割の出来ですが、
その頃には、いいところも自分で感じられるようになります。
やっと自分の演奏が耳に届いたということでしょうか、
この冷静さで本番を迎えられたら・・・と思うのですけども。

昨年の発表会の一か月後、ピアノの先生から、
私の弾いた曲を弾きたいと、言っている方がいると教えられました。
それほど有名曲でもないので、かなりうれしかったので、演奏を聞き返したら・・・
あの日の演奏がよく聴こえる日なんて来そうになかったです。
聞き返すのには、まだまだ時間が必要なのようです。

そこまでひどく思っているのに、私が今、それほどめげてないのは、
数年たったら、あの曲をまた弾いてみようと思っているからです。
それほど大好きなのですが、その様子はカメラマンがちゃんと撮ってくれていました。
いつもはつまらなそうに、極めて堅い表情で弾いているのが写っているだけで、
はっきりいうと、つまらない写真なのですが、
この日の写真は、ちょっと楽しそうな気配が写っていました。

スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する