FC2ブログ

残念な写真

2019.10.13.Sun.19:48
_9035053_.jpg



長いこと赤い横線が一本入るようになったテレビが(やっと)壊れたので、電気屋さんへ。

最初は、今よりも少しだけ大きい液晶テレビを買おうと思っていました。
昔のテレビより、外枠が小さくなっているので、大きくしないと小さく感じられるようでした。
でも、有機ELテレビを見てしまったら、もう、他のものは見れませんでした・・・。
触ることのできような闇というか、奥行きというか、ぬめっとしているというか、
黒がとても「セクシー」。

そして、数日間「完全に予算オーバー」と「セクシーな黒」に煩悶しました。
いくつか電気屋さんを回って気がついたことは、
一番高い有機ELテレビがぜんぜん好きになれなくて、
私が好ましいと思うのは、安い方のもので、諦める理由が弱くなります。。。

調べてみると、日本で売られている有機ELテレビ、実はある会社が全部作っています。
(興味がある人は調べてみてください。)
「味付け(ソフトウエアに当たる部分)」が違うようでした。
一番安くて、一番美しい理由に納得がいったし、
「そんなにいいなら、買ったら?」というオジサマの声に押されつつ、
予算倍だよ!と思いつつ、
(今は42型)大きすぎても、もう知らん!
55型をポチりました。(これより小さいものは、ありません)。

大きな大きな下敷きのような、あまりの薄さにびっくりしつつ、
テレビで自分の写真を見てみました。
「うわぁ
大きくするとピントの合ってなさがバレるので、絶対に合っているものしか見ません。

上のようなトンボにピントが合っているような、いない残念な写真は、見てません、てへ☆

スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する