FC2ブログ
2019
05.20

シュロップシャーラス Shropshire Lass/おとうさんおかあさん

Category: rose
シュロップシャーラス  Shropshire Lass



この清楚な気配のバラを選んだ理由は、
このバラの「おとうさんおかあさん」がとても好きだったのです。
マダム・バタフライとマダム・ルグラ・サンジェルマン
(Madame Butterfly × Madame Legras de St. Germain)

アメリカ生まれのハイブリットティの「マダム・バタフライ」は
(花屋さんによく売られている)普通のピンクのバラを想像してください。

マダム・ルグラ・サンジェルマンは、白いオールドローズ。
シュロップシャーラスの葉はサンジェルマンさんを強く世襲しているようです。
葉が薄く、丸みがあって、よく茂ります。そして葉が落ちやすい。
ブラインド(伸びた枝先に花をつけない)が多いのも、似てます。

おとーさんもおかーさんも、極めて花弁が多いのですが、それはまったくなくて、
マダム・バタフライが「オフィーリア 」の枝変わり(簡単に、突然変異)なのですが、
そちらのほうを連想させます。
マダム・バタフライの強い香りも、サンジェルマンさんの天国的な香りもなくて、
イングリッシュローズとしては強い特徴がないのが、なんだか珍しい古い品種です。

・・・結果として悪口を書いたような気がしますが、
少女のような可憐なバラの名前は、
「シュロップシャー(イギリス中部の州)の女の子」といった意味です。

スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top