FC2ブログ
2018
11.16

K331で目覚める

Category: e.t.c.2
金蓮歩


ある日、ショパンを褒められ気をよくした私は、次の曲はと聞かれたときに
「トルコ行進曲はどうですか?」
先生は、意外な顔をなさいました。

一年半前、体験レッスンを受けたときに、
「モーツァルトは勘弁してください。」
と宣言したからなんですが、一年半で、私の考えは変わりました。

だいたい、最近は有名曲を弾くようになったし、
先生が高い志をもって、忍耐強く、チェルニーで私の手をかえてしまったので、
ショパンのコマカーイ装飾音符だって、トリルだって、きちんと(注 当社比
弾けるようになったので、これなら古典もいけるなと・・・・。

今日のタイトル「K331」は、トルコ行進曲についている番号。
K331は、トルコ行進曲の前に、実は二曲あって、ソナタなんです。
モーツアルトのソナタは昔から、ベートーヴェンのソナタほど人気がないなと思うのですが、
(無駄な)繰り返しの多さからでしょうか?
トルコ行進曲だけが、アンコールに弾かれる程度です。

先生は、突然、歌い出し、
「ああ、そうねぇ・・・ヘンソウキョクは勉強になるから、一楽章からね。」
なんだか泣きそうな気分になりつつ、(ええ、やりますやります・・・。)と、諦めました。
本当に好きじゃないの、モーツアルトのソナタなんか!
ピアノの個人レッスンで、初心者でもないのに、
ソナタの一部だけ弾こうというのが、ヘンだったかもしれません・・・。

私は、トルコ行進曲の前が、どんなものなのか、全く知りませんでした。
ええ、知ろうともしませんでしたから。
万事、ほどよくやってくれるペライアで、K331を聴いてみると、
先生が歌ったフレーズが穏やかに登場し、
「・・・いいじゃん!!」
モーツアルトに、こんなエレガントなピアノ曲があったなんて・・・。

数日前、天才俳人をひっぱたきましたが、今日は
「いやだぁ~、やるじゃないっ!(バシッ。)」
と、モーツアルトの背中をたたきたいと思います。

スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top