FC2ブログ
2018
10.16

捨断離とR4と野望

Category: e.t.c.2
リッジレーサー


「捨断離」というのは、登録商標なんですね。
もともとは違う世界の言葉のはず!と思っていたのですが、ヨガの言葉でした。
お片付けをしているのですが、「片付けあるある!」で、
昔のことを思い出て、その手は止まってしまいました。

朝から、夜遅くまでゲームをしていた時期がありました。
ピアノの練習(という、大いなる暇つぶし)が私にはあるのですが、
当時住んでいた賃貸のマンション、サイレントピアノは無理でした。
(寸止めであっても)ハンマーのアクションがどうしても伝わってしまうようでした。
それで、数ヶ月ぐらいゲームをしていました。

オジサマの(膨大な)ゲームコレクションの中から、私が楽しめそうかな?と、
選んだのがリッジーレーサーでした。
「2」から始めたと思います、海の色がバスクリン。
256色しかなさそうな(本当はもっとあったかもしれないけど)、グラフィックも平面的でした。
でも!他の車に、壁にぶつかっても、スピンしても、
車は無傷で、運転手がお亡くなりになることもなく、ひたすら走れます。
最初は、コースを廻るのがやっとでしたが、
そのうちオジサマよりうまくなり、美しい高速ドリフトができるようになりました。
私はブレーキなんて使いません、アクセルあるのみ!

ゲームが飽きた頃、ヒマな時間は終了、娘が生まれました。
動くのが億劫だけど、元気な妊婦はゲームをしていました。

それから何年か経って、娘と「マリオカート」をやったのですが、
爽快感というか無謀さは、似てなくもないのですが、
誰かが「バナナ」とか仕掛けてくるので、かなりイラっとします。
「たのむ、やめてくれっ!!自分の走りがしたいのだ!!」

「5」や他のレースゲームもやりましたが、「R4」がいちばんすきです。
音楽が素晴らししすぎ。
でもメモリーカードは捨てて、ゲームは売ります。
愛するハンドル=ネジコン(レースゲームに使うコントローラー)は、
かなり昔に捨てたので、あれがないなら、もうこのゲームもしないと思います。

捨断離の目標は持ち物を減らしたら、心が軽くなったら、というところじゃなくて、
実現可能なの?と突っ込みたくなる遠さにあるのですが、疑わずに進もうと思います。
ええ、私にはブレーキはありません

スポンサーサイト




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top