2018/06/05

元気が出る

ファンタンラトゥール


先週は父母会に行き、先生のお話を聴いて、なぜかハハは元気になりました。
担任の先生は、男性ですが、美声の持ち主。
ある歌手の方に似ています。(今は在学中なので、誰かはそのうち。)

なので、内容のないことを喋っていてくれても、その時間は不快ではないのですが、
いつも、いつも、内容は濃い。勉強会と言ってもいいかも。
一時間半ぐらい、ノンストップ、先生の独演会。
だんだん、ご夫婦で来る方が増えてきました。

大学受験っていうのは、広い砂漠にぽつんと、投げ出されたようで、
私は、誰かのサポートが欲しかった気がします。
塾には行ってましたが、勉強を教えてくれるだけ、だったし。
塾なので、それだけでいいわけですが、
今のお子さんに、「もう自分でやるように、決めるように。」と丸投げするのは、だめだそう。


かと言って、勉强しろ、しろ!とけしかけるのも、ノー。理解と励まし。
(これはいつの時代の子供にも、はたまた大人にも、必要なような・・・。)
そして、何よりも、親が心を折らない、ことだそうです。
受験は長いですが、「もう、ここでいいよ。」と諦めてしまうのは、
親から、っていうのが、非常に多いそうです。
けしかけるのは、簡単。踏ん張るのはむずかしい。

ま、先生も心が折れそうになるのかもしれません、踏ん張っているということでしょうか。
頑張りどころを教えてもらったので、なぜか気が軽くなりました。
すでに折れかかっていたのかも・・・。

長いこと、私を喜ばしてくれた、ファンタン・ラ・トゥールさんがお亡くなりになりそうです。
在りし日の姿。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

鍵コメさんへ

ありがとうございます。
ずっと勉強し続けるなんて、若くないとできませんね。
わたしは見ているだけで、疲れてきていたのかも。
なんとか、乗り切ろうと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます