FC2ブログ
2018
04.15

煙と透明感/真珠と薔薇

Category: e.t.c.2
P7161961_.jpg


最初、聞いた時、煙たいと思った。
その煙たさは、若いと瞬時に「拒否」となってしまう、
自分が知らない、慣れないものからくるもの。
若くない私は、それをちょっと自分の前に止めておき、眺めることができる。
煙の向こうにある「いいもの」の予感は十分。




この声を、セクシーと表現する人もいるけど、私は透明感。
煙の向こうは、鏡のような湖。
曇った空を写して、湖面の実態がわかなくなって、ずっと曇った空を見せられているような。

最初に感じた煙たさは、(私がほぼ聴かない)ジャズっぽい感じのせいだ思うのですが、
ロバートさんはヘビースモカーのようで、タバコをくゆらせながら歌っているものも見ました。

この曲は反戦の歌で、最後はいろいろな解釈ができそうですが、
「(造船のために)海に潜るけど、(海に潜れば)真珠だって取りにいけるのに」
かな。今なら、
彼の地には、薔薇が咲いているのに・・・となるでしょうか。
シリアの首都は、薔薇の名前。

スポンサーサイト
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top