FC2ブログ

金さんの理由

2018.02.24.Sat.17:06
河津桜


子供の頃から、知っているのに、実はよくわかっていなかった・・・
ということがあると思うのですが、今日はそういう話。

本を読んでいると、「遠山の金さんの桜吹雪」の話が出てきました。
そこで、気づいてしまったのです、「どうして、遠山の金さんは入れ墨を?」
彼は裃(かみしも)から、肩を脱いで見せたはず。
裃ってことは、武士なのよね??

私は「おじいちゃん おばあちゃんと見た」だけなので、金さんの話がよくわからない、wiki
ただ、これでは、金さんと刺青の関係がわからないので、
金さんのモデルと言われる、この方を読むと、若い頃、放蕩云々のくだりが・・・。
それから「刺青」のあたりをよむと、江戸時代、流行ったらしいことがわかります。
このあたりで、金さんと刺青の関係に、それほど無理がないことがわかりました。

着物の胴裏は(裏地)洋服よりも凝ってますが、
男の人の羽織裏は、今でも「絵」をはめたようになっています。
模様も刺青の世界に通じる感じ。
あの時代、あからさまにおしゃれすることが憚れたので(質素倹約)、
着物の裏に凝るようになったらしいのですが、
刺青が流行ったもの、それに近いものがあるのかもしれません。
着物をちょっと脱いだら、胴裏がすごい。
全部脱いだら、もっとすごい・・・!

・・・ということで、私の結論は、
「金さんは、ちょい悪おやじで、刺青は一種のファションだった。」
刺青の使い方としては、悪い人に一度見せて、
町奉行として登場したときに、もう一度見せてとどめをさすという、
ファッション以上に、とても大胆なことをしています。
黄門様のほうが、穏やかですね。

スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する