FC2ブログ
2018
02.19

バラードのぐるぐる

Category: e.t.c.2
@宮城


フィギアスケートで、クラシックがよく使われるけど、
ごっそりまるごとじゃなくて、かなり大胆に、切り、つなぎ合わされていることは、
その曲を知らない人でも、わかると思う。
でもショパンのバラードで、それをすると、私の頭はかなり混乱する。
強制的に頭を回転させられて、前後左右がわからず、
「えっとぉ・・・、どこだっけ?」みたいな。

ショパンのバラードって、螺旋階段みたいなもので、
終わりでどっかん!となるまでは、ぐるぐるしている。

ショパンなので、基本的に同じことを2度登場させず、なにかしら「装飾」してあるので、
繰り返しのように聞こえても、楽譜上の表記は違っている。
装飾は、「思いつき」や「気まぐれ」ではなくて、いかにも終末に向いていて、
だんだんコップに水がたまっていくような緊張感。
聞き慣れると、「ぐるぐる」の上か下か、どのへんにいるのかがわかる。
だから、途中で切られ、違う地点に連れてこられると、
(想像以上に)混乱するのは、私だけじゃないはず!
頭がちょっと、ぐるぐるする。
人間のアタマって、へんだなぁ。。。

スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top