FC2ブログ
2017
11.29

消えた計画

牧水の歌碑


牧水の歌に、この字は似合わないなぁ・・・。
歌が胡散臭くなる。
こっちの字のほうがいいでしょ?

小学校の先生的な楷書だけがきれいな字、いつでも絶対、みたいな価値観は、
はたして、たのしいだろうか?

先生の言ったことは、大人になっても、絶対?
子供みたいな、大人にうんざり。

歌碑に端を発した、軽くいらっとした気持ちは、今日にいたって、
「処世術にたけたお利巧が残って、何が楽しい?」
とまで、発展してしまう。

牧水が現代に生きていたら、ただの大酒飲みだ。
歌や文章の価値なんか、ないものにされるだろう・・・・。

そんなことを思いながらも、一方で、
牧水の歌碑めぐりをしたら、どこまでいけるかなーと思う。
宮崎出身だから、南のほうは大丈夫そうだけど、
北はどこまでいけるかな?

調べたら、ものすごーくがっかり。
上でもリンクした、
「幾山河 こえさり行かば 寂しさの はてなむ国ぞ けふも旅ゆく」
の歌碑が、沖縄と北海道にもあるから・・・。
この計画は、ため息とともに消えました。

歌碑というものは、こんなものなのでしょうか?
上の歌碑は、歌の実際の場所@八幡岬

牧水の話は
魚と歌
苦手料理
うたのつづき
電車の旅

でもしています。

スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top