2017/06/23

解決

テスト


前回の続きです。)
もう続きはないフォーサーズシステムですので、
新品のカメラとレンズをそろえるつもりでいたのですが、
こんなことがありまして、
そのほかにも、娘が大学に六年行こうかなーとか言ってますし(はい?)、
無理をする場合では・・・。

息子が海外に修学旅行へ行って、ご主人は北海道に出張、
なんだかどっかに行きたーいという友達と葉山へ行ったり、
カールを毎日食べたりして、半月。やっと解決の時がきました。

「中古だ!」
最初は、新品がほしかったわけではなくて、ただ、あのカメラが直ればよくて、
手に入れて壊れても、修理できないけど、壊れにくいことは、信用があるからね。

オークションはこわいので、中古を扱うお店で、できるだけ使われていなさそうなものを探しました。
さすがに豊富にはなくて、ヒトケタのEシステムに美品はなく、
フタケタの、状態のよさそうなものを見つけました。
価格は、カメラの修理代として考えていた金額。
何かが私の中で、カッチとはまりました、ゴーゴーです。

5000枚も撮られていない、きれいなカメラがやってきました。
トリセツがすごくきれいだったので、コレクションの一部だったのかもしれません。
星空写真が撮りたいと長年思っているのですが、これでまた遠くなりました。
Eシステムは三代目、使うISOの上限は800までいけるかな?
ここは、もう長年あきらめてるので、あきらめ続けます。

先代(E-3)にゼロを一個つけただけのせいか、
外側の仕様が違うくらいで、中身は一緒か、それ以上?と思いながら、ささっと初期設定。
バラも終わってしまい、今、ベランダにこれしかないところを撮ったのが、上の写真です。
「ゼロ一個」ですが、写真はかなり違うように思います。
(まだ続く)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント