赤点(2016蔵出し3)

2016.12.21.Wed.12:08
河津桜


高校生になると、「赤点」という問題があるので、遊んでばかりもいられません。
塾の講師をしていた頃、高校受験時に、半年ぐらい教えていた子が高校生になり、
お友達を連れて塾にやってきました。
高校生ですが、再び以前の先生でお願いできませんか?ということで、
再び数学を教えることになりました。
そこは対象が小中学生だったのですが、教室が空いていたようです。

彼女たちは私立高校だったので、赤点の基準が厳しい。
ということで、試験前になると、物理も。
全教科の中で、一番赤点が多いのは、今も昔も「物理」のようで、
娘も一学期に、赤点をだったのですが、クラスの半数以上はそうだったようです。

あの世界には、なかなか入り込みにくいです。
私が現役高校生のころ、通っていた塾の先生は、
「宗教だと思って、余計なことを考えずに、そのとおーりにやる!」
そうしているうちに、そのうち「物理」に慣れてきます。

娘の赤点が続くと、私まで学校に呼ばれるらしいので、
「では、赤点ではないようにしてあげましょう。」
と、中間、期末と協力してあげたら、
先生に
「おや?どうした、すごいじゃないか!」

物理で、赤点を取らないようにするのは、案外、簡単です。
「捨てる」範囲を決めて、
やると決めた範囲の、教科書の例題のようなごく簡単な問題になれるだけ。
娘は半分ぐらい捨てたはずですが、それでもクラス上位になれるのは、
先生が生徒の現状に歩み寄った、よほど良心的な問題を作ったからでしょう。
赤点を大量に出すのは先生としても、心外のはずですから・・・。

冒頭に書いた、高校生は、
懇切丁寧に教えたというより、
赤点にならないように、最小限のことだけを手当てして、
なんとか「ピンク」ぐらいで、しのぎつづけて、3年生になろうとしていました。
最後の授業で、
「もう、数学はないから、解放されるねー!私も安心して辞められるー!」
と、言ったのを覚えています、かわいい妹のような存在でした。
私自身も、かなりきわどい成績で大学を卒業しましたけど・・・。

スポンサーサイト
コメント
鍵コメさんへ
では、英単語を大量に覚えるとかも、きっとイヤなことだったかもしれませんね。
私も、制度については、よくわかりません。
今は、一つの大学で、いくつかの学科を受けると、
受験料の割引とかあるらしいですね(*^^*)

一年生なのに、もうどしどし決めなくてはいけないみたいで、
ちょっとかわいそうだなーと思うし、うんざりします。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメさんへ

それは、先生からのすすめというか、ごり押し?
娘の担任が世界史で、理系と決めているのに、暗記科目の社会が得意で、
「ぜひ、文系に」とか電話がかかってきて、なんなんだー!と思いました。
就職に困りますからと、お断りしました。

物理は、他の理科の教科、化学や生物のように膨大に暗記する必要がないので、
ラクですよー、慣れれば!!
私は最初、化学もやっていたのですが、挫折しました。
(流れや理由なく)むやみに暗記するというのが、苦手なんです。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者にだけ表示を許可する