夏から秋まで

2016.09.06.Tue.16:25
P8057000_.jpg


何をもって、秋とするかは、きっと人さまざまなんだろうと思います、
食べ物や、植物、空や、暦とか・・・。

私は、風や朝夕がすごしやすくなってきて
「来たな。」
と思うのですが、また数パーセントぐらい。

空や月が冴え出し、彼岸花が咲いて、20パーセントぐらい。
秋明菊が咲いて、銀杏が黄色くなると、やっと50パーセント。
これは、私の住んでいるあたりでは、11月のはじめぐらい。
一体、いつになったら、私に100パーセントの秋が来るかと言うと、
もみじが赤くなるころ、11月のおしまいごろです。
ここまで来て、すすきもふわふわ、光も黄色っぽくなって、秋だよぉ~と思います。

写真を撮るようになって、夏から秋までが異様に長くて思えて、とても、もどかしいです。

写真の花は、先月、那須塩原に行ったときに撮りました。
標高の高いところや、北の国では、先生が書いていたように、
夏の中に秋がすでにある、と感じます。

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する