2016/04/29

教会/難しい楽器/桶屋が儲かる

教会


教会に行きました。
信者ではないので、ホンモノの教会に来たのは、人生で二回目。
この日は何しに来たかというと、コンサート。

私の最近のスターは「ヴィルヘルム・ケンプ」でした。
(でも、静かでゆったりした曲に限る。)
彼は、ピアニストである前に作曲家であったようで、
「バッハ=ケンプ」なる編曲がたくさん残されています。

その中に、もとはオルガン曲がたくさんあるので、
「もと」のほうを聴いてみたくなり・・・、
パイプオルガンの演奏にびっくりしてしまいました。

楽器には、比較的習得が簡単なものと、そうではないものがあります。
ピアノは「そうではない」ほうだと、(絶対!)思うのですが、
パイプオルガンは、間違いなく「そうではない」ほうです。
椅子に座った運動だとも思いました。難しい楽器の一つかも。

それで、生のパイプオルガンを聴きに行くことにしました。
この日は、いつものカメラを持ってなかったのに、
皆が撮っているので、あらら・・・と思っていると、
今日はスマホを持っているのだ!と思い出しました。

なので、縦横比がいつもと違います。
ちなみに、この教会のパイプオルガンは、
この写真の後方、入り口の上(2階)にあって、びっくりしました。

私が最初に行ったピアノリサイタルは、
ケンプのお弟子さんだったイディル・ビレットさん。
当時は、そういうことは知らず、しかも場所は、
この教会から歩いて10分ぐらいのところ。
場所ゆえか、
人生の出会いについて、考えてしまいました、風が吹くと、桶屋が儲かる的な・・・。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント