2016/04/25

白馬の王子を待つ/口コミ男子

はなだいこん


このブログをよくご覧くださっている方には、いつものことだと思うのですが、
私は時々、いじわるなことを書きます。
ここで嫌な予感がした人は、ブラウザを閉じましょう。

男の子を持つお母さんから、続けて、新しい学校に通う息子さんが言うことには
「今は、様子見、なんだよ。」
ということを聞く。
様子見なので、自分から積極的に話しかけず、「ぼっち」なんだそうだ。
「あ、そうなんだ。最近は男の子のほうが、めんどくさいね
などと言ってみる。

でもさすがに、二人目にそういうことを聞くと、
自分の息子だったら、ひっぱたいてやろうかと思う。
ちょっと考えてみたのだけど、
これは明らか何かが足りない男子で、
「笑顔で話しかけてくれる、白馬の王子」
を待っているに違いない、男子だけど・・・。

でも、白馬の王子はたいてい来ないので・・・、
夏休みが来て、二年になり、あっという間に次の世界へ、ということに。

こういう男子のお手本は、
最近、知った人の心というか人気を瞬殺でかさらったと思われる某クリニックの医院長だな。
あれは、お金があるから、なんて思ってはいけない。
お金があっても、やらない人はやらない。
話しかける声があっても、話しかけないでしょう?

気分が暗くなったかもしれないので、違うタイプの話を。
この話を娘にしたら、クラスの男子は、
売店のパンはまずいから、買わないほうがいい、などなど、
みんなに聞こえるように、いろいろ教えてくれるそうだ。
なんか、おばさんぽいけど、こっちのほうが、いっか

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント