2015/12/01

大変むずかしい

ギター


娘が音楽の時間にギターをやるという。
家で練習するというので、準備することに。

このギターは数年前、私の父から、オジサマ(主人)が譲りうけたものですが、
そのとき、「あ~あ。。。」と思いました。
絶対やらない人が、絶対やると思っている人からもらったので!

それから半年ぐらい経って、父が「やっているか?」と聞いてきたので、
「あの人は、ああいうことをやる人ではないので、期待しないで。」
と、伝えました。
私の家は、やると言ったら、絶対やらねばならぬ家だったのだ!と、はっきり自覚しました。

その一方で、家にギターがやってきたときから、触りたがる娘。
ある時、調律してみようかと、私がいじくりまわしていると、弦を切ってしまいました。
弦を買ってきて、なんとか自力で張りなおしましたが、
やっぱり調律はよくわかりません、ここまでが、数年前の話。

そうして、今、
チューナーを使って、合わせようとするのですが、やっぱり無反応。
チューナーが壊れているのかと、疑うほど、頑固に無反応。

順番にやっていくのをあきらめ、反応する弦からやってみると、合ったではありませんか!
切ってしまうのが恐ろしかったのでしょう、張り方がまだまだ弱かったみたいです。
張り具合と比べながら、他の弦のペグを回していくと、次々完成。

学校でやる課題曲は「禁じられた遊び」だそうで、
最初からレベルが高いなぁ・・・と思ったら、
メロディーと三連符に分かれて、二人で合奏するそうです。。
父がくれたクラシックギターの本で、音の並びを確認してから、メロディーを弾いてしまうと、
「ママは神だね。」

一応ピアノのように、音は並んでいるし、六弦だけでなので、
神でも、難しくも、何ともありませんが、ギターの、隣の音はなんて遠いの。
数センチ、十数センチを移動しながら、一本指で、滑らかに弾いていけるわけがなく、ブツブツ切れます。

写真は父のくれた本の「禁じられた遊び」のページで、
娘の書いた怪しげな数字も、タブ譜もわからず、
ただ、ギターの右手は大変むずかしいということに、なぐさめられます・・・。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

鍵コメさんへ


鍵コメさんのおかげで、
むずかしいことにチャレンジしていたのだ!ということがわかり、なんだか、安心しました。
なんでだー、なんでだー!!!って、ずっと叫びたい気持ちでした。

知らないと、弦を買いに行くこと自体が、ハードルが高いです。
お店にはいっ~ぱい!!あるので!
この間も、調弦したのですが、ぜんぜん反応しなかったところがあったのです。
そういう理由だったのですね。
ありがとうござますv-237

父が仕事を引退してから、クラシックギターを始めました。
自分はとてもよいギターを購入したので、
最初に使っていたものを、くれました。
娘婿は口だけでしたが、孫が使っていると知れば、ちょっとはうれしいかな?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます