2015/11/10

漏電

@11月


今日のタイトルは、なんだか怖いですが、怖いことは起きません。

ぼんやりしていると、突然、バッチと家の中が暗くなりました。
玄関を開けると、マンションの廊下の電気はついているし、
正面のお宅のインターフォンの赤いランプはついたままなので、私の家だけのようです。

配電盤を見てみると、ブレーカーは下がっていません。
下がっているのは、その隣の漏電ブレーカーでした。
それを上げても、また落ちます。

私のできることは、もうないどころか、
電話もネットも使えず、いきなりこの状況がやってくるとは、ぼんやりも目が覚めます。
ついこの間、悪口を書いた携帯電話の世話になる日がやってきました。

電力会社の人に来てもらうより、お近くの電気工事の人に来てもらうのが早いとのことで、
何か月前に、お世話になったところに電話をしました。
もらったまま、いつも使わない電話帳で調べて!
(ネットがあるからいらない、っていうのが通用しない状況があるのですね。)

それから一時間もしないうちに、解決したのですが、
家の中でどこか漏電すると、たちまち感知して、感電することも、火事になるわけでもなく、
漏電個所を調べるのも、いたって簡単な方法で調べられるようになっていて、
日本の住宅はステキね~と思いました。
漏電して→ステキね~で終わるのは、ヘンだとはと思うのですが。。。。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント