2015/06/11

祝さよなら

ラベンダー


私が、もう、いいよと思っても、お仕事ならば、そうはいかないようで、
あれから2回も、正義の味方はやってきました。
そして今日、カラスの子供も巣も、なくなりました。
カラスの巣は、一見頑丈そうですが、
人間の手を1回、2回入れると、跡形もなくなくなりました。

いつでも飛べそうになった子供たちを、捕まえるほうが大変そうでした。
足で巣を掴んでいるようで、力ずくで引き離さなくてはなりません。
実際作業をしているのは若い人で、
少しはなれたところから、上司らしきおじさんが、
「がんばれ。」なんて、無線で言っているのが聞こえました。
作業中は親が2羽そろって攻撃してきますからね、私も、がんばれ!と応援しました。
そして終わったときは、窓際で拍手。ええ、もう心から、うれしくて

親は車を追いかけるのだろうと思ったら、意外にも追いかけません。
巣のあった場所を見て、鳴くだけ。
「えー!!追いかけないのー!!し、しんじられんっ。」

どうやら、状況を理解していないようです。
しばらく、うるさく鳴いていましたが、そのうちいなくなり、しばらくすると、また現れます。
そうやって、理解するなり、忘れるのでしょうか。
ま、理解するよりも、忘れるんだろう、ただのカラスだから。。。

今年はカラスのせいで、バラがよく見れなかったり、剪定できなかったりしたので、
気分がすっきりしました。
うるさくて、攻撃的、ホラーなカラスの子育てを見た貴重な体験でもありました。。。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント