2015/05/27

先生

アスパラご飯

自分の料理を勉強しなおすのに、先生がいたほうがいいなと思ったけど、
お料理教室のようなところは、遠慮したいので、本に求めることに。

本で料理を作ると、自分の能力のほかに、
そのレシピを作っている人(の舌)との相性も、結構重要な問題。

以前、テレビでキャベツまで入ったポテトサラダを、
とてもうれしそうに、楽しそうに作られていたので、
つられて作ったら、まぁ、なんておいしいの!という経験があったので、
土井先生を選びました。

この本は、写真が一枚もなく、文章だけ。レシピもごく短く簡単。
あとは何が書いてあるかと言うと、
料理はレシピだけでは作れないってことの、具体的な話ということになるでしょうか。
修行や勉強を重ねてこられた一端が垣間見られ、
その経験から成り立つものは、まさしく確か、「先生」と呼びたくなるような方です。
先生のおかげで、「めんつゆ」と「冷凍ポテト」を買うのをやめました。
だしの取り方も、上でリンクを貼った記事にある本にあるものではなく、
最初から全部入れる、先生の実に簡単な方法に変わりました。
手をかけるところと、がんばらなくていいところ、そんなことも教えてくださるような。

写真の「アスパラご飯」も、本に載っています。くせになるおいしさです。
でも、これだけでは、絵になりにくいですね。
お客様には、錦糸卵を添えましょうと、先生は書いておられます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

mokoさんへ

ありがとうございます。
買わなくていいものが、増えるのは、いいですよ~。
おいしいので、もう買ってられない!というのが、正確なところです。

そうです、昔テレビに出ていらした土井先生の息子さんです。
コメントの中は、リンクが貼れないみたいなので、
「土井家のおいしいもん」と検索すれば出てくると思います。

アスパラご飯、美味しそうですね(*^^*)
すっかり、めんつゆにお世話になってる私(^^;;
亡くなった土井先生の息子さんの本でしょうか?題名を教えてくださいm(__)m