2015/04/07

乗りたいのか、触りたいのか

乗馬@鹿児島



牧場に行くと、引き馬があるところもあるのですが、
やりたくとも、オトナは恥ずかしい。。。ところを、昔、乗ったのですが、どうも満足度が低い。
馬に会ってから、また、触りたくなってしまいました。

ここは、引き馬もありますが、20分間のコースも!
タビの最大の目的にして、私はやる気満々で、出かけました。
最初は引き馬ですが、そのうち馬を走らせてくれます。
もちろんその時は、教えてくださる方が、馬上の人間とは別の綱を持って馬を操作しています。

知ってはいたのですが、馬のリズムに合わせるのは難しいです。
説明してくれるのですが、
言葉を身体に反応させる類、私は苦手だったんじゃないか・・・?
ここであたしは何をしたかったんだっけ?


馬上で、あれこれ考えながら(だから、散漫な注意力になってしまうのですが)
単に馬に触りたかったのだ!ということにたどり着いて、
それからは、チャンスがあると、馬を触りまくっていました。

見てると簡単そうだけど、最初からとんでもなく難しい感じはゴルフに似てます。
乗馬もゴルフも、最初から、上手くやってしまう人はいるでしょう、
私はドンくさいので、だめです。

馬は体温の高い動物で、感触も猫とよく似た感じ。暖かくて気持ちがいいです。
犬は皮下脂肪が少ないのか、触った感じが猫よりも繊細な感じがします。

乗馬@鹿児島


上の写真は、オジサマが携帯で撮ってくれた写真。
やる気は認めるが、もうちょっと、なんとかならないかは、私の乗馬と似てます。

馬の顔がとっとも見えませんが、サラブレッドです。
高くて怖くないですか?と聞かれましたが、
ちっとも怖くないですが、疲れます。
でも乗り足りないというか、触り足りないです、やっぱりマイ馬だな。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント