2015/04/03

「いぶすき」の思い出

@指宿


結婚して、オジサマの家に行くと、
東京から来たお嫁さんは何も知らないので、皆をおもしろがらせたと思います。

北海道や沖縄には、難読な地名がありますが、あれは
「どうだ?読めないだろう!」
というオーラが、漢字の並びにすでにあります。

九州のは、読めそうだけど、ちっとも読めないのが多い気がします。
その一つが「指宿」でした。

この漢字に、「い」「ぶ」は当然、「す」「き」ですら、
音の気配がまったくないので、私は何日経っても読めなかった覚えが。
他にもたくさんあって、オジサマの家にいる間、
ずっと地名の読みクイズをさせられました。
おかげで、十年以上経っても、しっかり覚えいて、行くことができました。

そして当然、砂蒸しを体験しました。
岩盤浴より熱いです。
砂が意外に重く、容赦なくかけてくるので、笑っちゃうほどでした(なぜ笑う?)。
上の写真の右真ん中、水際の砂が黒くて、
カーブしているあたりが一部白いというのがおわかりでしょうか?
この白いのが湯気です。

私は、あと2,3回ぐらい繰り返してやりたかったのですが、
1日に一度で十分だそうです。
この数年、手湿疹に悩まされてきましたが、
戻ってきてから一週間、家事を再開しても新しい湿疹ができません、どうやら完治したようです。

@指宿


東京より明らかに暖かいと感じるほどではないですが、寒さは厳しくはないのでしょう。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント