2014/12/10

作るということ・消費するということ(2014 蔵出し 4)

ジャージーさん


お米が「おや?」と思うほど、安いこのごろですが、
農家の人が困るなら、あたしは嫌だな。

今年、ヒップな生活革命 (ideaink 〈アイデアインク〉)という本を読みました。
名前がイージーであれですが、身近な話です。
金融破たんした後の、アメリカの(グローバルじゃない)ローカルなモノ(商品)の話です。
これって、日本のことよね??と思いながら、読み進みました。
安さゆえに、遠いところから来たものに手を伸ばすことを、
ちょっと考え直すきっかけになりそうですよ。
日本のお米、地元の野菜・肉・魚と、
日本のかつおぶしでだしを取って、お料理できなくなったら、どうしましょ?
それにわたしは、日本でジャージーさんに会えなくなったら、困りますわ!

四国に行く前、ジャージーさんはいませんか?とためしにググったら、ありましたの!
小さな牧場ですが、お店もあって、
地元の人が次から次へと、お買い物に来ていました。
(ここでまったりしすぎて、うずしおを見に行くのを断念しました。また行きますわよ。)

私はここで、ジャージー石鹸というものを買って(写真はないよ。)、
しばらく
「ジャージーさんありがとう!!」
と、毎晩思っていました。

それにしても、きみたちは、かわいい!連れて帰りたくなります。
それに、ものすごく清潔な牛舎。
一日に何度も掃除しないとこうならないはずで、
大事にされているのねと思いました@おじさん牧場

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント