世界一美しいカレンダーをめざしてと、言ってみる

2014.11.28.Fri.13:36
2015カレンダー



今の時期、ロフトなど行くと、恐ろしい数の(!!)カレンダーが並べられています。
私も作成する上で、いろいろ見てきました。
今年ぐらいは、どれも同じように見えるようになってきて、
あの売り場を、するっと通り抜けられるようになりました。

そして、思うことは、
「目指すところは、
(私が勝手に決めるところの)世界一美しい卓上カレンダーですわ!」と。
・・・今日は大きく出てみました。


壁掛けのカレンダーは、この数年、モリス先生のカレンダー(日本版)を使ってました。
「大安」とかしっかり書いてあって、イヤだなと思うこともあったのですが、
モリス先生に免じて考えないことにしていました。
その日本版も、なくなってしまったみたいなので、
思い切って、英国のカレンダーを買ってみました。

意外にも日曜始まりで、英国、米国、日本そのほかの国の休日が網羅されていました。
フォントがすっきりと、小さめなので、いろいろ書いてあってもうるさくないです。

1月19日は、「マーチン・ルーサー・キング・ジュニア・デー」なんですね。
米国では、知らぬ人はいないだろうこの方の日本の知名度は、どのくらいでしょうか。
わたしは、「つらい宿題」とともに記憶されています。
高校生のある夏、キング牧師の生涯とあの演説全文がのった小冊子の全訳が宿題でした。
やってもやっても終わらない、いつになったら、終わるのー!!
で、訳はノート一冊になりました。
まるごと全訳っていうのが、古い英語教育ぽいですね。

2015卓上カレンダーのお知らせは、数日以内にします。
去年ご購入いただいた方には、メールでお知らせをしました。
(今年は、お知らせが2通、きていると思います。メールアドレスが変わるせいです。)

モリス先生のカレンダーの上に載せたのは、私の2015年4月のカレンダー。
私のカレンダーには、日本語は書いてありません。
でも、裏にあるのです。

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する