月見草と富士と向日葵

2014.09.09.Tue.10:05
@八ヶ岳


「富士には月見草がよく似合ふ」と言った人が好きなので、
書いてあることは、なんでも、そうだ!と思うのですが、
この月見草のことだけ、そう、これだけは、昔から、
「・・・?」
でした。

月見草を有名にしたこの言葉の花、実は通常のピンクの月見草ではなくて、
黄色の待宵草のほうだなと、「富嶽百景」を読めば、ピンときます。
私は昔、この言葉の碑があるところ(御坂峠)にも行ったのですが、
大きな富士を前にしても、やっぱり、よくわかりませんでした。

この言葉を知ってウン十年、今は、
富士も月見草も孤独、文豪は仲間を見つけたのだろうと思うことにしてますが、
私の中では、少し無理があります、たぶん、一生わからないでしょう・・・。

近くに行き、富士山が大きくなると、現実感があって、
花だろうが波だろうが夕日でも朝日でも雲でも、何でも合うような気がします。
が、シルエットだけのこの距離だと、神々しく、
すると逆にうそっぽく、向日葵すら合わない気がします。

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する