太ったり痩せたり・・・

2014.06.04.Wed.13:57
ウィリアムモリス



子供の頃、自分の服が、いとこのお下がりだった、
それと買ってもらったものをあわせても、服が少ないことを、不満に思って、
「ママみたいに、たくさん服が服がほしい。」
と言ったら、
「サイズが変わらなければ、そのうち増える。」
と、正直に。。。

当時は答えをはぐらかされたような気がしたけど、それは、もっともな答え。
今では20年経った服も残って、小学生の頃より、うんと、衣装持ちになった。
私のサイズが全く変わらないわけではなくて、
私がはけなくなったGパンなんか着て、娘はなぜか喜んでいる。

今日のタイトルは、おじさまのことで、数年おきにそういう状態になっている。
昨年は、会社でメタボと言われ、その後の指導が屈辱的だったらしく、
食事制限をして、痩せた。
あのときの屈辱はもう忘れたらしい・・・夏のズボンは、「ぱつぱつ」だった。

男の人のビジネスファッションは、ごまかしようがないので、こういうことは仕方なのですが、
礼服によくある、アジャスターつきのものを買った。
プラスマイナス6センチはすばらしい、これで数年は大丈夫。

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する