2014/03/07

意味にたどりつく

スィートピー


自分の名前にこめられたものを、知っている人のほうがきっと多いのだろうと思います。

小学生のとき、それを発表する機会があったのですが、
私はものすごく納得できない思いで、
親に聞かされたことを、皆の前で発表した記憶があります。
意味と当てられた漢字が、ちっとも結びつかず、
ずっと納得できないまま、そしていつか、それはどうでもよくなっていました。

私の名前には、ある植物が使われているのですが、
その植物はめったに見ないもので、私も見たことはたぶんないので、愛着も、親近感もおぼえず、
「見てみよう!」なんて、考えすらしませんでした。

つらつらと漢字を勉強していると
その植物にたどりついて、その性質を知ることに。
それで名前の「意味」に触れた気がしました、
(どーりで、わたしはつよいのだ。。。。)

両親が教えてくれた意味は、健やかに、なんとか・・・そんな意味だったかと思うのですが、
そんな言葉では穏やかすぎるような、非常に強そうな植物です。
でも、女の人に使うことが特に珍しいということは、ありません、わりとよくいます。

名前をつけたのは、祖父です。
大きな農家の次男だったので、たぶん見たことも、育てたこともあるのかもしれません。
子供の頃、「大きな農家」によく行っては、皆にかわいがってもらいました。

スィートピーの実


スィートピーは、意外にも強い植物で、放っておくと、こんなふうに実ができます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント