バラ/こわれる/タフ

2014.01.22.Wed.09:18
水仙とバラ



山茶花にも乙女椿のようにも見えるこのピンク、実はバラです。

今日の花瓶も、娘の作品です。
さっき、カップを一つ、割ってしまいました。
粘土の塊を連想させるような、無骨な手びねりをしていたころは、
落としても割れることは少なかったのですが、
最近は、ろくろを使い、小さい粘土から、軽く薄い物を作るようになったので、
落とすと普通に割れます。

陶芸家というのは、思うよりワイルドで、こわれることは必然の、ガッツのいる世界ですね。
やってみれば、意外にタフになれそうです。

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する