2013/12/12

思わぬお礼(2013蔵出し10)

スパニッシュビューティ



バラの置いてるベランダは、車が一台通れるぐらいの小道をはさんで、
前のマンション(正確にはビル)のベランダに面しています。
お互いの洗濯物などが、よく見えるような感じで、階下の人は
「すごく、いやだわ~。」
と。

私は、すごく、までは思いませんが、ベランダに出た時、正面のベランダに人の気配があれば
なんとなく伏せ目がちになります。
正面切って、はっきり挨拶することが、はばかれる感じでした。
母ぐらいの人が長いこと住んでおられるようでしたが。。。

それがですね、今年の五月、
「バラがきれいですね、いつも見させてもらって、ありがとうございます。その大きなピンクは、すごいですね。」
と、女の人の声。

前にも書きましたが、ベランダで植物を育てると、部屋のほうには向きません、外に向きます。
外からこのベランダを眺められる、そのお宅が、私のバラを眺める特等席です。
うらやましさを感じつつ、これがあるばっかりに、虫も招いていることを詫び、
照れながら部屋に戻りました。

わたしだけではなくて、よそのおばさんも喜ばせているこのピンクは、
「スパニッシュ・ビューティ」または、「マダム・グレゴワール・ステシュラン」という、
あんまりぱっとしない名前の、スペイン生まれのバラ。
美しいピンクと、フリル、強い香り、場所になじめば、パワフルにどーんと咲いてくれるところが
非常にすばらしいです。
鉢植えでも、小さく育てなければ(!)大丈夫。
覚悟して、大きく育ててくださいね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント