2013/09/10

文房具のわけ

文房具のわけ



しばらく間があいてしまいました。
どこかへ行くか、頼まれるかしないと、カメラを持ち出さなくなってきて、
はぁ・・・まずいなぁと、思っているのですが、
これの、どのへんがまずいのか、よくわからないのが、もっとまずいなぁと・・・。
まぁ、何もまずくないことにして、ぼちぼちやっていこうと思います。

今年のGWあたりから、思うところがあって、漢字の勉強をしていました。
どうせなら「漢検」でも受けてみようと思い、
それなら!最初は受かる級から!!と思い、
「準二級」を、これは絶対受かると言いつつ勉強して、余裕綽々合格しました。

で。。。
まだ私の目的はまだ達成されていないので、次の「二級」を受験することにしたのですが、
夏の間勉強しても、絶対受からない、ということが、頑固に解消されず、困ってます。

久しぶりにノートや筆記用具に親しむ日々だったのですが、最近の文房具は昔とは違います。
最近のボールペンは、消せるのよ。

写真の、ボールペンの頭、半透明のところで、消したい文字を擦ると・・・

文房具のわけ



写真ではわかりにくいのですが、修正液やテープなどより、ずっときれいに消えます。
よーく見ると、うっすら残っているのですが、よーくみないと、わからないです。
娘によると、熱の力なのだそうです。

このペンを使い始めた頃、どうしてもここを押して、ペン先を出そうとしていました。
消す部分の頭を押しても、なにも起こりません。
ペン先は、横のクリップになっているところをスライドさせ、出します。


文房具のわけ



写真上 先がとがり続ける「クルトガ」。
写真下 0.9ミリシャーペン

「クルトガ」は値段ほどよいものだとは。。。
0.9ミリシャーペンは、解答用紙に漢字を書いたり、マークシートにちょうどよいです。
あと、
「無印良品」の、芯が最後まで使えるシャーペンというのも、気になります。

・・・と、私に文房具のニューフェイスを紹介してくる娘ですが、
「準二級」の勉強をしている間に、彼女のテストの点数が30点上がったので、
あと30点上がったら、すぐに漢字の勉強はやめます!
それも「2級」並みに難しそうですが

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

mokoさんへ

時間ばっかりかかって、実はないのような、勉強の仕方が、まずいなぁと思ったので、
彼女の横に座る動機が欲しかったんです。
娘の学校はなぜか、年に二回も親と面談があるので、勉強のことは放置もできなさそうなので・・・^^;)

文房具はたのしいですね。
これは気分転換の一種かな~と思いました。

親も、勉強してる姿勢を見せる事が大事なのですね^_−☆

中高生の頃は、文房具にも凝るみたいで、私の娘も色々買って来たものです(^^;;無印は人気ですよね(*^^*)