2013/07/24

かーさんはやる

夕焼け



今日の話は、発表会の続きなのですが、
会場に着くと、お母さま達の服装が、やけに華やかな感じがしました。
こういうのも、先生によって違うことになるのかなと思いながら、
座って持ってきた雑誌を読みながら、開演の時間まで過ごしました。

その理由は、別にあったのでした。
お子さんと連弾するため、ステージに登場するお母様が、かなりいらっしゃいました。
そしてその姿は、一人で弾く私よりもずっと、人を注目させたのではないかと思います。

先生と連弾するお子さんもたくさんいたので、演奏に向かう態度の差はとても明らかでした。
自分の子供を横に置きながらも、そのことはどこかにいってしまい、
ひたすら真剣、まっすぐ演奏だけに集中するおかーさんは、感動ものでした。
演奏の出来に関係なく、その姿は、
その時も、(練習をしていた)その以前、これから先についても、お子さんにきっとよい作用があると思います。
口だけで「やれ!」というのは、やっぱり、ね。

この次は、子どもと連弾するおとーさんが見たい!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

mokoさんへ


いいですよね♪
でも、私は今まで見たことがあるか、ないかぐらいで、
今の先生のところで、何組も母子で連弾していたのが、とてもオドロキでした。
これなら、そのうち父子でも♪と思いました。

mokoさんも、「その機会」がありそうだったのに、実現しなかったのですね。
momoちゃんの気持ちも、わからなくないです。
お子さんは、いずれもちょっと引いている(弾いている、ではなくて!!)感じでしたから。
親の気迫に圧倒されるのでしょうか、単に恥ずかしいのかな?

親子の連弾、良いですよね(*^o^*)
我が家は、娘が嫌がって、一度も実現しませんでした(>_<)

確かに、お父さんとの連弾は、あまり見かけないですよね(^^;;