ピアノ/靴/同志

2013.07.21.Sun.12:35
靴



楽器は手で演奏しますが、どの楽器も靴は重要でしょう、きっと。
ピアノは、加えてペダルを踏むので、足も使うことになります。

家では素足とかスリッパですが、靴を履いていたほうが、ペダルは踏みやすいと、私は感じています。
それも、ペタンコ靴より、ヒールのある靴が楽な感じがしますが、
10センチもあるようなピンヒールでは、
膝が緊張するというか、力が入ってしまうようです。

スニーカーや厚底の靴は、ペダルの感触が遠くなるので、絶対だめだなと思っていたら、
先日、テレビを見ていると、
ラベック姉妹が、厚底ブーツみたいな靴を履いて弾いていたので、びっくり。
実用ではなく、ルックスという目で見ると、
スリムなパンツスタイルにブーツで弾くフランスのおばさんは、かっこよかったです。

舞台では、50~60%の力しか発揮できない私としては、
パンツスタイルでも、厚底靴は無理なので、ローヒール。

私の弾く順番は、だいたい先生の前です。
子どもに混じって、ピアノの発表会に出る大人の宿命です。
出演者席に座っていると、先生の演奏の次に「終わりの言葉」を言う女の子が、私の隣に座りました。
私の顔を覗き込むので、なにかな?と思ったら、にっこり微笑んでくれました。

それは、子どもの笑顔というより、
以前、こんなことを書きましたが、
同志のつながりみたいなものを感じて、私に大いなる力を与えてくれました。
うんと年上でも、年下でも、つながることができる音楽はよいものだ。

音が飛んでも、かすれても、止まることなく、無事に終わりました。

スポンサーサイト
コメント
mokoさんへ
mokoさん、今回は、ものすごい奇遇で、びっくりしました。
お互いに無事に終わって、よかったですね♪

大人の部があるなんて、うらやましいです!
先生のところに行けば済んでしまう習い事ではないピアノ、
知り合いがいると、心強いですよね。

先生の門下の中に、私のほかにも大人の方はいらっしゃるようなのですが、
発表会に出るのは、だいたいいるか、いないぐらい、なんですって。
連弾で、お子さんとやるお母様とかは、いるんですけどね。。。
お疲れ様でした!
無事に終わって良かったですね(*^^*)
私も、何とか終わりました(^^;;

やはり、ローヒールが踏みやすいでよね(^_^)v
私も、新しい靴を買おうかと考えていたのですが、買いそびれました(>_<)c_moonさんみたいな、リボン付きのも素敵ですね♪

私の教室は、大人の部が別になっています。大人になって始めた方も多いみたいですが、皆さん、熱心でビックリです!
演奏よりも、その後の打ち上げが楽しかったです(;^_^A

管理者にだけ表示を許可する