2013/05/31

すみれせんそう

すみれせんそう


「薔薇戦争」というものを知っている方でも、
この言葉には、どことなく優雅な感じが残ると思うのです。
今、この場所(日本)は平和なので、「花」のほうが強い感じ、
「薔薇戦争」も優雅に思えてしまうのでしょう。
「花」と「戦争」は、まるで反対言葉みたいですね。
・・・なら、万が一戦争が起こっても、私は花を育てていよう。

「薔薇」が「すみれ」になっても、それは同じですが、
写真は、リアルな「すみれせんそう」の現場。
丸葉と、とがった葉のすみれの、「同居」とも言えますが、やっぱり「戦争」かも。

丸葉のすみれは、私が植えましたが、とがったものは、どこからかやってきたもの!
マンションのベランダに、一体どこからかなーと、思うのです。
最初は一株、濃い紫色の花を一輪咲かせて、なよなよとしていましたが、
そのうち同じ鉢に仲間を増やしていったのは、もちろん、となりの鉢にも、勢力を拡大。
来年の春はどうなっているのだろうと思います。
私としては、二色の小さなお花畑を望みます。

すみればくだん


これは、「すみればくだん」というところでしょうか?

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント