2013/05/03

たけのこ備忘禄

たけのこのお味噌汁


朝、掘ったというたけのこを買ってきました。
私には「持ってけ!どろぼう価格」にしか思えない、1.5キロ+おまけで、300円でした。
売っていたおじいさんは、
たけのこは、買おうと思った人が買ってくれる価格じゃないと困るので、これでいいんだそうです。

写真は「おまけ」の小さいたけのこで作った、みそ汁です。
たけのこのみそ汁を作ったのははじめてで、
そもそもたけのこを自分でゆでるもの、何年かに一度しかしないので、忘れます。
この記事は備忘禄です。


(新鮮な)小さいたけのこはむくだけで、薄くスライスしたものをみそ汁の具にできるのだそうですが、
そこまで勇気の持てぬ私は、ゆでこぼす程度の処理をしてから、具にしてみました。
先の部分はしゃきしゃき、茎のほうは、ほっこり。
水煮では知ることのできない、意外な食感でした。



たけのこごはん・チンジャオロース



朝堀たけのこのあくぬきは、ぬかや米のとぎ汁すらいらないのだそうです。
そのかわり、柔らかくなったらすぐにお湯を捨て、水洗い。
この方法でばっちりでした。
冷めるまで放置するのは、八百屋でたけのこを買ってきた時の、ぬかを使ったあくぬきで。

300円で、数日間、いろいろな料理ができました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

mokoさんへ

 
たけのこを売っていたおじいさんが、「ぬかやらとうがらし、あんなものはいらない。」
と言っていたので、そうか!と思って早速試してみたら、いい感じでした。
アクが戻ってしまわないように、柔らかくなったら、すぐに水洗いがポイントだそうです。

去年ぐらいまでは、わたしのところもたけのこは怪しかったですが、
今年はぐーっと下がって大丈夫になったようです。
そこに住んでいるのに、そこで採れるなじみのものが食べられないのは、悲しいですね。

朝採りのタケノコは、アク抜き不要なのですね!

こちらでは、震災後、山菜やタケノコが、あまり見られなくなりました…やはり、放射線量が高いみたいです(・_・;
山菜採りを楽しみにしてた人達は、残念がってました。
でも今年は、県外産ですが、タケノコが店に並んでるのを目にするようになりました(^_^)v

この時期、やはりタケノコご飯を食べたいですよね(*^^*)