2012/12/11

つらい日々(2012蔵出し6)

Nikko カップー&ソーサー



年に一、二回、聞かれることがあります。

・どうやったら、上手くなるか。
・(私のある写真を例に挙げて)これは、どこで、どうやって撮ったか。

早く上手くなるのは、最初の質問をする人のほうだろうと思います。
これに対しては、なんでも、もうたくさん撮って、と答えます。

「どこで、どう」の人に対しては、笑って何も言わないか、やっぱり、なんでも撮って!としかいいません。
人の真似をしている限り、本人も面白くないでしょう、面白くならないでしょう。
真似して、機材で(あるいは、場所で)上手くいくくらいなら、
本を読んだだけで、楽器が奏でられるようになるでしょうし、
F1なら、お金のたっぷりあるチームだけが勝つでしょう・・・この質問にはあまり意味がないんです。
この質問を最近してきたのは、義妹でした。
あなたもですか・・・と思いながら、笑っているだけでした。

陶器の撮影は本当に、困りました。家で練習し、その写真を見る日々は、結構つらいものでした。
写真は、「Nikko」という日本のメーカーのもの。
ウン万円する外国のティーカップもいいですが、エレガントで、お値段が手ごろ、その優秀さが気に入ってます。
割れても、また買おうと思えます。
このシリーズは、シルバーとブラックがあったでしょうか。
百貨店での扱いはスペースとしてはどこも小さいですが、置いてあるお店は多いです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント